MENU

退職代行でも退職届は自分が作る必要アリ!書き方と注意点を解説

退職代行でも退職届は自分で書こう!書き方と注意点を徹底解説

おすすめの退職代行サービス3選

※プロモーションが含まれます

安心して退職したい方には、『退職代行Jobs』!料金は26,000円(税込)

  1. 即日対応: 今すぐ退職の連絡を行うことができます。
  2. 弁護士監修:弁護士による監修なので確実かつ安心して退職できます。
  3. 労働組合と連携:労働組合とも連携しているので交渉できます。
  4. 後払い制度: 現金後払いが選択可能(審査後に利用可能)。
  5. 業界最安値クラスの料金: 一律 26,000円で明確な料金設定。追加料金は一切なし。
  6. 有給休暇サポート: 有給休暇の申請も無料でサポートします。
  7. 全額返金保証: 退職が成功しなければ、支払い金は全額返金されます。
  8. 全国どこでも対応: どの県でも代行の実績があります。
  9. 無制限サポート: 退職が完了するまで、期間無制限でフォローします。
  10. 転職支援: 無料の求人紹介サービスで転職活動を後押し。
  11. 引越し支援: 社宅や寮に住む方も、引越しの際に安心のサポート。
    >>退職代行Jobsが提供するサービスの案内

    労働組合法人が運営する、『退職代行ガーディアン』!料金は29,800円(税込)

    1. 安心・信頼の退職代行: 東京都労働委員会の認証を受けた法に準拠した合同労働組合によって実施されるため、違法性のない安全で確実な退職が可能。
    2. 当日からの出社不要: 相談を受けたその日からの即日対応を可能にしているため、その日からの出勤義務は免除されます。
    3. 料金は明朗会計: 雇用形態や地域、年齢にかかわらず、変動しない一律料金体系を採用しており、連絡の回数や時間帯、案件の難易度による追加料金は発生しません。
    4. 企業への直接対応不要: 面倒な退職のプロセスは全てガーディアンにお任せください。直接的な離職の話し合いや退職届の提出、貸与品の返還に関するやり取りは不要で、郵送で完結します。
    5. 法的権限を有する代理交渉: ガーディアンの運営母体は法的な権利を有する合同労働組合であり、一般企業とは異なり、交渉を代理で行える正式な許可がありますから、安心して退職のプロセスを委ねることが出来ます。
    6. 確実な退職実現: 退職を否定された前例はなく、法令に基づいた交渉により確実に退職が実現します。違法な嫌がらせを行う雇用主に対しては、社会的な措置を含め、適法な範囲で抗議し、団体交渉によって経営者に対しても立ち向かうことが可能です。
    >>退職代行ガーディアン

    アルバイトやパートなら、退職代行『辞めるんです』!27,000円(税込)

    1. 即日対応: 退職を決意したその日に連絡、次の日からの出社は不要です。速やかな行動で心の負担を軽減します。
    2. 確実なサポート: 正社員もアルバイトも関係なく、すべての方に退職成功率100%をお約束します。
    3. 有給消化交渉: 労働組合との強力な協力体制で、あなたの有給休暇を全て消化できるよう交渉を行います。
    4. 後払いサービス: 退職日が決まってからのお支払いなので、経済的な余裕を持ってサービスをご利用いただけます。
    5. 直接の連絡不要: 退職の連絡は私たちが代行。あなたは勤務先と直接話す必要がありません。
    6. 無制限無料相談: 退職に関する疑問や悩みを、無料で何度でもLINE登録後に相談可能です。些細なことでも結構です、ご遠慮なく!
    7. 全国どこでも対応: 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国どこにいても対応いたします。
    8. 未払い賃金交渉: 労働組合と連携し、未払い賃金がある場合はデータに基づいて請求のサポートも可能です。
    >>退職代行サービス【辞めるんです】
    あわせて読みたい
    退職代行の体験談!利用者の実体験から解るメリットとデメリット 退職代行を考えているけれど、どんな感じなのかわからないと使いたくないですよね。 私自身、退職代行で退職しましたが、不安だったので口コミを調べまくりました。 無...
    あわせて読みたい
    退職代行おすすめランキング!スムーズな退職のコツと注意点 近年、働き方改革が求められる中で、退職手続きが悩みの種になることも少なくありません。 そんな時に役立つのが「退職代行サービス」です。 本記事では、退職代行サー...

    退職を決意したものの、なかなか会社に伝える勇気が出ず、手続きが複雑でわからないと悩んでいる方も多いことでしょう。

    そんな助けを求める声に応えて、退職代行というサービスが注目されています。

    結論、退職代行であっても退職届は自分で書く必要があります。

    弁護士や行政書士に代筆してもらうことは可能ですが、それだけで数万円の世界なのでおすすめしません。

    この記事では、退職代行とは何か、退職届の書き方や注意点、そして退職代行を利用するメリットやデメリットなどについて詳しく解説していきます。

    この記事を読めば、退職手続きに関する不安を克服し、円満な退職ができること間違いなしです。

    目次

    【結論】退職代行でも退職届は自分で書く必要あり!

    lawyer

    最初に本記事の結論ですが、退職代行であっても、退職届(退職願)は自分で書く必要があります。

    なぜなら、退職届は本人からの意思であることの確認として用意するものであり、退職する本人が作るべきだからです。

    代筆がOKになると、他人が退職届を作れることになってしまいますよね。

    そのため、原則として、退職届は本人が作らなければなりません。

    弁護士や行政書士に依頼することもできますが、数万円かかるので、自分で作ることをおすすめします。

    1. 退職代行とは

    office

    退職代行とは、労働者が何らかの理由で会社を退職することが難しい場合に、退職手続きを代わりに行うサービスのことです。

    退職代行サービスは、労働者の退職意思を会社に伝えるのを支援するため、さまざまな特徴があります。

    1.1 対応方法の多様性

    退職代行サービスでは、電話やメール、問い合わせフォーム、SNSなど、さまざまな方法で相談や依頼ができます。

    自分自身で会社に退職の意思を伝えるのが難しい場合でも、これらの対応方法を通じて代行業者が助けてくれます。

    また、会わなくても完結することができるので、利便性が非常に高いです。

    1.2 費用の範囲

    退職代行の費用は一般的には3万円から5万円程度です。

    費用は個人の状況や業者によって異なる場合もありますが、費用の範囲内で手続きを代行してもらうことができます。

    1.3 退職手続きの代行

    退職代行業者は、労働者が勤務先会社に退職の連絡をするのを代行します。

    代行業者が電話や郵送などの適切な方法で連絡を行い、労働者自身が直接退職手続きをする必要がありません。

    1.4 その他の業務の代行

    退職代行業者は、退職の連絡だけでなく、有給休暇の消化や離職票・雇用保険被保険者証の送付、社宅の退去日の連絡など、退職後のさまざまな連絡も代行してくれます。

    これにより、労働者は手続きに関する悩みや負担を軽減することが可能です。

    また、退職代行サービスは、労働者が退職を言い出しにくい理由や会社の引き留めにあう可能性がある場合にも利用されます。

    退職代行業者によっては、弁護士事務所が提供する場合もありますが、大部分は民間の企業が運営しています。

    退職代行と言っても、弁護士対応なのか、そうでないのか確認することが大事です。

    あわせて読みたい
    退職したいなら弁護士に任せよう!退職代行のメリットと注意点を解説 退職を考える際、ストレスやトラブルを回避する方法として退職代行業者に依頼する方法がありますが、その中でも特に弁護士が対応するサービスに退職を依頼することのメ...

    2. 退職届の書き方と注意点

    青空

    退職届を正しく書くことは、円満な退職につながります。

    ここでは、退職届の書き方と注意点について説明します。

    2.1 退職届の書き方

    退職届を書く際には、以下の項目に気を付けましょう。

    1. 明確に「退職届」と書く

    退職届を書く際には、「退職届」と明記しましょう。

    これは一般的な表現ですので、混乱を避けるために重要です。

    2. 退職日を明確に記入する

    退職届には退職日を明確に記入する必要があります。

    具体的な日付を記載し、曖昧な表現を避けましょう。

    3. 断言的な表現を使用する

    退職届には「退職します」という断言的な表現を使用しましょう。

    曖昧な表現や間違った文言を使わないように注意しましょう。

    4. 縦書きで記入する

    一般的には、退職届は縦書きで記入することが一般的です。

    会社によって書体やフォーマットは異なるかもしれませんが、基本的には縦書きで作成しましょう。

    2.2 退職届を作る際の注意点

    退職届を書く際には、以下の注意点に気を付けましょう。

    1. 退職届の提出は慎重に行う

    退職届を提出する際は慎重に行いましょう。

    一度提出した退職届は取り下げることができませんので、自分の意思を確かめた上で提出しましょう。

    2. 連絡を途絶えさせない

    退職届を提出した後も、会社との連絡を取り続けることが重要です。

    突然連絡が取れなくなると会社側も困惑します。

    バックレを避けるためにも、必ず連絡手段を確保しましょう。

    3. 提出期限に注意する

    退職届の提出期限は会社によって異なる場合があります。

    提出期限に注意し、早めに提出するよう心掛けましょう。

    以上が退職届の書き方と注意点です。

    退職届を正しく書き、提出することで円満な退職ができるよう、注意を払いましょう。

    あわせて読みたい
    会社に行かずに退職する方法と手続きのポイント 現代社会では、働く中でさまざまな問題や困難に直面することがあります。 その結果、会社に行かずに退職を考える人も増えてきていますし、実際に可能です。 本記事では...

    3. 退職代行での退職届提出の有効性

    resignation

    退職代行を利用する際には、退職届の提出が非常に重要です。

    なぜなら、退職届を提出しなければ会社側では退職希望者の退職意思を確認することができないからです。

    さらに、会社で退職届が提出されていないと退職の受理ができず、退職手続きを進めることができないトラブルが発生する可能性もあります。

    退職届の提出方法はいくつかありますが、どの方法を選ぶかは個人の選択です。

    以下に退職代行での退職届提出の有効性について詳しく説明します。

    3.1 手渡しでの提出

    退職届を手渡しで提出する方法は一般的です。

    退職を決めた後に会社に出向く予定がある場合は、手渡しで退職届を渡すことができます。

    手渡しでの提出は直接会社に退職意思を伝えることができるため、確実な受け取りが期待できます。

    退職代行を利用する方の中には手渡しでの提出を希望しない場合もありますが、手渡しで提出された退職届は無視されることはありません。

    3.2 郵送による提出

    退職代行を利用する際には、退職届の提出に郵送を利用することがおすすめです。

    郵送による提出では、出社する必要もなく、社内の人と直接顔を合わせる必要もありませんので、精神的な負担を軽減することができます。

    また、郵送による提出はトラブル防止にも役立ちます。

    退職届を提出したにも関わらず、会社から受け取っていないと言われてしまうケースがまれにありますが、郵送の際に内容証明を取っておけば、退職届を提出したことが証明できるため安心です。

    3.3 FAXによる提出

    退職届の提出方法として、FAXを利用することもできます。

    FAXで提出するメリットは手軽さと即時の到着です。FAXで提出すると瞬時に会社側に届くため、受け取りの確認が容易です。

    ただし、FAXで提出する際には紛失するリスクもあるため、メールで退職届を送った旨を伝えると安心です。

    どの方法を選んでも、退職届の提出は重要な手続きです。

    退職代行を利用する場合でも、退職届を確実に提出することで会社側に退職の意思が伝わり、トラブルを回避することができます。

    退職代行を利用する際には、自分にとって最も適した提出方法を選び、退職手続きを円滑に進めることをおすすめします。

    4. 退職届提出後の会社側の対応

    retirement

    退職届を提出した後、会社側は以下のような対応をします。

    退職届から退職日までの流れや手続きについて解説します。

    ステップ 1:退職届の内容確認

    会社は退職届が本人によって作成されたものであることを確認します。

    退職届が他の人によって作成されていた場合、有効性が認められません。

    また、退職届が郵送で届いた場合でも、会社側は本人が作成したものかどうかを確認します。

    これにより、退職届の提出が本人の意思であることを確かめるのです。

    退職届を提出する際には、自分自身で作成し、提出する意思を明確に伝えるようにしましょう。

    ステップ 2:退職予定日の確認と交渉

    退職届の提出後、会社側は退職予定日の確認と交渉に入ります。

    突然の退職届の提出の場合、引継ぎがまだ完了していない可能性があります。

    会社は急な退職に困るため、引継ぎが必要な業務について残ってほしいと要望や交渉をすることがあります。

    引き継ぎや引き止めには備えておきましょう。

    引継ぎを在籍中にしっかりと行っておくことで、退職手続きはスムーズに進むことが多くなります。交渉を避けたい場合は、退職届を提出する前に引継ぎをしっかりと行うことをおすすめします。

    ステップ 3:貸与品・私物の受け渡し

    退職日が決まると、貸与品や私物の受け渡しについて話し合いが行われます。

    これまで会社に借りていた物は返却し、自身の私物が会社にあった場合は回収する必要があります。

    退職後に会社に行くことを避けたい場合、退職前に返す物をまとめておくことをおすすめします。返却を忘れがちなものとしては、入社時にもらったマニュアルなどが挙げられます。やむを得ず会社に行かない場合、事前に準備を整えておくことが大切です。

    ステップ 4:必要書類・手続きのやり取り

    退職届提出後は、書類のやり取りを通じて退職手続きが完了します。

    主な手続き内容としては、雇用保険の解除や税金の引き落としが行われなくなるため、これらの手続きが行われます。

    多くの場合、管理部や経理の担当者が手続きを代行してくれますので、会社をやめるための書類のやり取りに問題は起きません。

    ただし、退職後に役所での手続きを忘れると、後から事実と異なる請求がくる可能性があるため、退職後は役所に行き、必要な手続きを行うようにしましょう。

    以上が一般的な退職届提出後の会社側の対応についての解説です。

    退職届を提出する前に、これらの流れや手続きについてしっかりと理解しておくことが重要です。

    あわせて読みたい
    退職代行なら2週間前で退職できる?確実かつスムーズな退職方法 退職を考えているが、なかなか上司や人事に直接伝える勇気が出ないと感じている方もいますよね。 実際に、退職したくてもできない人は大勢います。 タイミングや状況に...

    5. 退職代行のメリット・デメリット

    retirement

    退職代行を利用することには、さまざまなメリットがありますが、デメリットも念頭に置く必要があります。

    5-1. 退職代行のメリット

    退職代行を利用すると、以下のようなメリットがあります。

    (1) 会社に出向かずに確実に退職することができる

    退職代行を利用することで、退職の成功率はほぼ100%です。

    自分で会社に直接退職を伝える場合、引き留められる可能性がありますが、退職代行を利用すれば引き留められる心配がなくなります。

    本記事では、退職率100%を維持している代行サービスをご紹介するので、参考にしてください。

    すぐに知りたい方は、下記を御覧くださいませ。

    あわせて読みたい
    退職代行おすすめランキング!スムーズな退職のコツと注意点 近年、働き方改革が求められる中で、退職手続きが悩みの種になることも少なくありません。 そんな時に役立つのが「退職代行サービス」です。 本記事では、退職代行サー...

    (2) 即日で会社を退職することができる

    退職代行を利用すると、即日で会社を退職することができます。

    有給休暇を利用することで、即日退職も可能です。

    また、退職日まで欠勤することを伝えると、会社から即日退職を打診される可能性もあります。

    (3) 心理的な不安が減る

    退職代行を利用することで、人間関係の悩みに苦しんでいても、上司と会わずに会社を辞めることができます。

    ハラスメントなどで、精神的な苦痛を受けている方はすぐに苦痛から開放されるでしょう。

    (4) 退職後のトラブルを避けることができる

    退職代行を依頼することで、会社からのトラブルを回避することができます。

    退職後に法的なトラブルが起きた場合でも、弁護士に退職代行を依頼することで適切に対応してもらえるため、安心です。

    5-2. 退職代行のデメリット

    退職代行には以下のようなデメリットも存在します。

    (1) 費用がかかる

    退職代行を利用する場合、費用がかかります。

    退職代行の相場は約3〜5万円です。

    ただし、退職代行サービスでは、退職手続きだけでなく、有給休暇の代行申請も行っている場合があり、有給休暇を消化することで費用を抑えることもできます。

    (2) 会社の人間関係が悪化する可能性がある

    退職代行を利用すると、元の上司や同僚との関係が悪化する可能性があります。

    退職代行を利用すると、本人からの退職前の挨拶がなく、突然会社を辞めることになるためです。

    (3) 悪質な退職代行サービスが存在する

    悪質な退職代行サービスも存在するため、依頼する際には注意が必要です。返

    金を受け付けていないサービスや、弁護士資格を持っていない業者が弁護士法に違反してサービスを提供している場合もあります。

    退職代行のメリット・デメリットを考慮した上で、利用を検討することが重要です。

    あわせて読みたい
    はじめての退職代行の選び方とスムーズに退職するコツ 近年、ストレスフリーな退職手続きを求める人々のための退職代行サービスが増えていますよね。 スムーズに退職して転職活動に集中したい方から、自分では退職できない方...

    まとめ

    退職代行を利用することで、会社に出向かずに確実に退職することができます。

    また、即日で会社を退職することも可能です。

    心理的な不安や退職後のトラブルも避けることができ、円満に退職することができます。

    ただし、退職代行を利用する際には費用がかかることや、会社の人間関係が悪化する可能性があること、悪質な退職代行サービスに注意する必要があります。

    メリットとデメリットをしっかりと考慮し、自身にとって最適な退職方法を選ぶことが大切です。

    よくある質問

    Q1. 退職代行を利用するメリットは何ですか?

    A1. 退職代行を利用することで、会社に出向かずに確実に退職できたり、即日で退職できるなどのメリットがあります。また、心理的な不安や会社からのトラブルを避けることもできます。

    Q2. 退職代行の費用はどれくらいですか?

    A2. 退職代行の費用は一般的には3万円から5万円程度です。ただし、業者や弁護士に依頼する場合は、料金が異なることもあります。

    Q3. 退職届を提出した後、会社の対応はどのようになりますか?

    A3. 退職届を提出した後、会社は退職届の内容を確認し、退職予定日や引継ぎについての交渉を行います。また、貸与品や必要書類の返却手続きも行われます。

    Q4. 退職代行を利用する際の注意点はありますか?

    A4. 退職代行を利用する際には、提出方法や費用に注意する必要があります。また、悪質な退職代行サービスには注意が必要です。退職代行の利用を検討する際には、メリットとデメリットを考慮し、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

    おすすめの退職代行サービス3選

    ※プロモーションが含まれます

    安心して退職したい方には、『退職代行Jobs』!料金は26,000円(税込)

    1. 即日対応: 今すぐ退職の連絡を行うことができます。
    2. 弁護士監修:弁護士による監修なので確実かつ安心して退職できます。
    3. 労働組合と連携:労働組合とも連携しているので交渉できます。
    4. 後払い制度: 現金後払いが選択可能(審査後に利用可能)。
    5. 業界最安値クラスの料金: 一律 26,000円で明確な料金設定。追加料金は一切なし。
    6. 有給休暇サポート: 有給休暇の申請も無料でサポートします。
    7. 全額返金保証: 退職が成功しなければ、支払い金は全額返金されます。
    8. 全国どこでも対応: どの県でも代行の実績があります。
    9. 無制限サポート: 退職が完了するまで、期間無制限でフォローします。
    10. 転職支援: 無料の求人紹介サービスで転職活動を後押し。
    11. 引越し支援: 社宅や寮に住む方も、引越しの際に安心のサポート。
      >>退職代行Jobsが提供するサービスの案内

      労働組合法人が運営する、『退職代行ガーディアン』!料金は29,800円(税込)

      1. 安心・信頼の退職代行: 東京都労働委員会の認証を受けた法に準拠した合同労働組合によって実施されるため、違法性のない安全で確実な退職が可能。
      2. 当日からの出社不要: 相談を受けたその日からの即日対応を可能にしているため、その日からの出勤義務は免除されます。
      3. 料金は明朗会計: 雇用形態や地域、年齢にかかわらず、変動しない一律料金体系を採用しており、連絡の回数や時間帯、案件の難易度による追加料金は発生しません。
      4. 企業への直接対応不要: 面倒な退職のプロセスは全てガーディアンにお任せください。直接的な離職の話し合いや退職届の提出、貸与品の返還に関するやり取りは不要で、郵送で完結します。
      5. 法的権限を有する代理交渉: ガーディアンの運営母体は法的な権利を有する合同労働組合であり、一般企業とは異なり、交渉を代理で行える正式な許可がありますから、安心して退職のプロセスを委ねることが出来ます。
      6. 確実な退職実現: 退職を否定された前例はなく、法令に基づいた交渉により確実に退職が実現します。違法な嫌がらせを行う雇用主に対しては、社会的な措置を含め、適法な範囲で抗議し、団体交渉によって経営者に対しても立ち向かうことが可能です。
      >>退職代行ガーディアン

      アルバイトやパートなら、退職代行『辞めるんです』!27,000円(税込)

      1. 即日対応: 退職を決意したその日に連絡、次の日からの出社は不要です。速やかな行動で心の負担を軽減します。
      2. 確実なサポート: 正社員もアルバイトも関係なく、すべての方に退職成功率100%をお約束します。
      3. 有給消化交渉: 労働組合との強力な協力体制で、あなたの有給休暇を全て消化できるよう交渉を行います。
      4. 後払いサービス: 退職日が決まってからのお支払いなので、経済的な余裕を持ってサービスをご利用いただけます。
      5. 直接の連絡不要: 退職の連絡は私たちが代行。あなたは勤務先と直接話す必要がありません。
      6. 無制限無料相談: 退職に関する疑問や悩みを、無料で何度でもLINE登録後に相談可能です。些細なことでも結構です、ご遠慮なく!
      7. 全国どこでも対応: 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国どこにいても対応いたします。
      8. 未払い賃金交渉: 労働組合と連携し、未払い賃金がある場合はデータに基づいて請求のサポートも可能です。
      >>退職代行サービス【辞めるんです】
      あわせて読みたい
      退職代行の体験談!利用者の実体験から解るメリットとデメリット 退職代行を考えているけれど、どんな感じなのかわからないと使いたくないですよね。 私自身、退職代行で退職しましたが、不安だったので口コミを調べまくりました。 無...
      あわせて読みたい
      退職代行おすすめランキング!スムーズな退職のコツと注意点 近年、働き方改革が求められる中で、退職手続きが悩みの種になることも少なくありません。 そんな時に役立つのが「退職代行サービス」です。 本記事では、退職代行サー...
      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      • URLをコピーしました!
      目次