退職代行なら2週間前の申し出でやめられる?退職までの期間を経験者が解説

退職代行なら2週間前の申し出でやめられる?退職までの期間を経験者が解説

退職代行は使っても2週間やめられないの?即日退職したいけどできない?そんなときはどうすればいい?

 

このような悩みを解決します。

 

ゆん
こんにちは、退職代行歴1回&人事のゆんです!退職代行を実際に使って詳しくなった&人事として使われる側の経験もしているので、知見をブログとしてまとめています。
   

 

退職代行と検索すると「即日退職」というキーワードが出ますよね。

一方で「2週間やめられない」という説もあって混乱している方もいるでしょう。

即日での退職、実際には可能なのでしょうか?

結論から言うと、退職代行で即日退職できる場合もあれば、2週間でやめられない場合もあります。

本記事では、多くの人が信じている「退職代行を使っても最低2週間は必要」という常識を覆す、僕の実体験に基づいた物語をお伝えします。

合わせて、退職代行サービスを活用して即日退職を実現するための具体的なルールと、そこに至るまでのプロセスを詳細にまとめました。

読み進めることで、あなたの退職プランに対する見方が変わるかもしれません。

目次

退職代行なら2週間前の申し出でやめられる?結論:法的にはOK

office

退職代行を利用する場合、2週間前の申し出で退職することが一般的です。

法的に見ると、この2週間の退職猶予期間は問題ないためです。

労働基準法では、退職する際の「14日前の予告」が義務付けられています。退職代行を活用すれば、この法的要件を満たすことができるのです。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条

つまり、退職代行を使えば、法的に問題なく2週間前に退職を申し出ることができます。企業側も、この期間を設けることで、業務の引き継ぎや人員配置などの対応が可能になります。

ただし、後述する「やむを得ない事情」がある場合は、即日退職も認められます。

適応障害や人間関係のトラブルなど、客観的な理由があれば、2週間の猶予期間を待たずに退職できるのです。

退職代行を利用する際は、まずは2週間前の申し出で退職手続きを進めましょう。

ただし、心身の健康に深刻な影響がある場合は、即日退職を選択することをおすすめします。法的にも問題ありません。

会社の就業規則は法的効力がない!民法や労働契約法が優先されるので「2週間」が目途

resignation

日本の労働環境において、退職に際して従業員が遵守すべき規則として、会社の就業規則があります。

しかし、就業規則の内容が法律に反する場合、その部分は無効とされ、民法や労働契約法などの法律が優先されます。

この章では、その理由と背景について掘り下げてみましょう。

1. 法律の優先順位

日本の法体系において、労働者の権利と義務に関する根本法は、民法と労働基準法です。

労働契約の基本的な枠組みを提供し、労働者と使用者双方の権利と義務を定めています。

就業規則は、これらの法律に基づいて作られるべきであり、法律の規定に反する内容は無効とされます。

就業規則はあくまでも法律の枠組み内です。就業規則よりも法律の方が上なんです。

2. 「2週間」の根拠

民法第627条では、労働者が退職する意思を示す場合、少なくとも2週間前に使用者に通知しなければならないと規定されています。

この「2週間」という期間は、使用者が新たな人材を探すための合理的な時間を確保するとともに、労働者にも次の職を探すための適切な期間を提供することを目的としています。

なので2週間はやめられないと思った方がいいでしょうね。SNS でよく見る 即日退職っていうのは今だけです。

企業はどんどん対応慣れしてきてますよ。

3. 就業規則との関係

会社の就業規則において、退職通知期間を2週間以上と定めている場合がありますが、これは民法の規定に基づくものです。

就業規則が2週間よりも短い期間を定めていたり、あるいは即時退職を認めていたりする場合でも、法律の定める「2週間」が最低限の要件として適用されます。

退職までの期間は最短2週間だが、可能なら就業規則を守ったほうが得です

business

退職代行を利用する場合、退職までの期間は最短で2週間となっています。しかし、状況によっては即日退職も可能であることは先ほど説明したとおりです。

ただし、可能な限り就業規則に則って退職手続きを行うことをおすすめします。なぜなら、就業規則を守ることで様々なメリットがあるからです。

まず第一に、スムーズな退職が期待できます。就業規則に沿って退職手続きを行えば、上司や人事部門との折衝も円滑に進むでしょう。退職後の証明書発行などの手続きも滞りなく行えます。

次に、再就職の際にプラスになる可能性があります。退職理由が明確で、退職手続きも適切であれば、次の企業から好印象を持ってもらえる可能性が高まります。

そして何より、自分の行動に責任を持つことができます。即日退職を選択する場合でも、やむを得ない事情があると企業側に理解してもらえるよう、丁寧な説明が必要です。

できる限り、就業規則に沿って退職手続きを行うことをおすすめします。ただし、心身の健康を最優先しなければならない状況であれば、即日退職も検討しましょう。

退職代行でも2週間はやめられないといわれる3つの理由

resignation

「退職代行を利用しても、最低2週間は前もって通知しなければならない」という認識が広がっていますよね。

この章では、その背景にある理由を深掘りし、実際のところどうなのかを探っていきます。

1. 民法の規定

民法第627条では、労働者が退職する意志を示す場合、2週間前に予告することが定められています。

この法的要件は、企業が新たな人員計画を立てるための猶予期間として設けられており、多くの退職プロセスにおいて基本となるルールです。

なので退職代行でも即日退職は実際は難しいです。2週間は最低でもやめられないと思ってください。

「法的に2週間は働かなければならないの根拠」は、上記です。

2. 企業との円満な関係保持

退職をスムーズに進める上で、企業との関係を悪化させないことが重要です。

突然退職することは、業務の引継ぎや後任の採用などに支障をきたし、結果として企業側との関係が悪化する可能性があります。

すでに関係がこじれていて、個人ではどうしようもないならまだしも、そうではないなら円満退職が吉です。

どこでどう関わることになるかわかりませんからね。

3. 退職代行サービスの対応方針

退職代行サービスは、労働者の代わりに退職の意志を企業に伝え、手続きのサポートを行います。

しかし、サービス提供者によっては、法的なリスクやクライアントと企業との関係を考慮し、即日退職よりも労働基準法に基づく2週間の予告期間を守る方針を取る場合があります。

なぜなら面倒ごと避けたいからですね。

というか弁護士以外ですね、例えば民間企業の退職代行は交渉すらできません。

なぜなら非弁行為に該当するからです。労働組合は労働法に基づいて交渉できますけど、弁護士ほどじゃないです。

弁護士は唯一本人以外で交渉が認められている職業です。

基本的には依頼人の希望を聞き入れますが、そうではない業者もあるのです。

なぜ退職代行なら2週間以内でやめられるのか

teamwork

ではなぜ退職代行なら2週間以内で辞められるんでしょう。

気になりますもんね。ここで解説していきますよ。

2週間は有給休暇を使うから

労働者は有給休暇を取得する権利を持っており、会社の許可を得れば取得することができます。

というか会社は有給を申請してきた社員を拒否できません。なぜなら有給は労働者の権利だからです。

退職時には、まだ使っていない有給休暇を使って退社することができます。

以下に、有給休暇を利用する際のポイントを紹介しますね。

  • 退職するまでに未消化の有給休暇があるか確認しましょう。
  • 有給休暇を利用するには、退職代行業者と相談し、手続きを行う必要があります。
  • 有給休暇中は会社に出勤する必要はありません。

2週間は欠勤扱いにするから

もし退職までに使っていない有給休暇がない場合、欠勤を利用して退社することも可能です。

もし有給がなくても欠勤扱いで休むので結局、実質即日退職なんですよね。

ちなみにおすすめはしません。なぜなら、あなたの評判がガタ落ちするからです。

転職への悪影響はほぼないと思われますが、どこで誰が言いふらすか分かりませんからね。

以下に、欠勤を利用する際のポイントを紹介します。

  • 欠勤の申請は退職代行業者を通じて行う必要があります。
  • 欠勤中は給与が支払われないため、財務面での影響が考慮される必要があります。
  • 無断欠勤は問題を引き起こす可能性があるため、必ず退職代行業者を通じて欠勤の申請を行いましょう。

退職代行でも2週間はやめられないケース

business

退職代行サービスを利用する際、一部の人々は労働基準法に基づく2週間の通知期間をきっちり守らなければいけない可能性があります。

この章では、即時退職が難しく、2週間の出勤が求められる可能性が高い人の特徴について解説します。

1. 特定の専門職に従事している人

医師、看護師、弁護士など、特定の専門職に従事している人々は、即時退職が困難な場合があります。

人命や重大な法的責任に関わるため、職務を急に放棄することが許されないことが多いです。

そのため、後任の確保や引継ぎの準備に時間が必要とされ、2週間の通知期間を守る必要があります。

ちなみに国家公務員も2週間でやめられるとは思わない方がいいです。

公務員は民間とは違うのでまた別の法的枠組みがあるんですよね。

2. 重要なプロジェクトに関与している人

特定のプロジェクトや業務において、中心的な役割を担っている人は、即時退職が難しいことがあります。

これらの人々の突然の退職は、プロジェクトの進行に大きな支障をきたす可能性があるためです。

会社にとって大事なプロジェクトの責任者が辞めちゃったら大ダメージですからね。

適切な引継ぎ期間が求められます。

3. 管理職や責任ある立場にある人

管理職やチームリーダーなど、責任ある立場にある人々も、退職に際して2週間の通知期間を守る必要があります。

部下の管理や業務の監督など重要な役割を担っており、突然の退職が組織に混乱をもたらすことが懸念されるためです。

管理職や責任がある立場の人はすぐにやめられる可能性は低いと思った方が良いでしょう。

4. 労働契約や就業規則で明記されている人

労働契約や就業規則において、退職に際して2週間の通知期間を明示的に定めている場合、その規定を守る必要があります。

就業規則より法律が優先されますがまあ多くの場合では就業規則守った方が円満退職できるでしょうね。

退職手続きに関する具体的な規則が記載されており、違反すると契約違反や規則違反となる可能性があるでしょう。

記載があっても、会社と合意の上でしたら、即日退職できることもあるので、退職代行を通じてご確認ください。

2週間待たずに、即日退職が可能な「やむを得ない事情」とは

career

退職代行を利用する場合、通常は2週間前の申し出で退職することになります。

しかし、状況によっては2週間の猶予期間を待たずに、即日退職することも可能です。

それが認められるのは、「やむを得ない事情」がある場合です。

では、具体的にはどのような状況が該当するのでしょうか。

心身の健康上の理由

適応障害や不安障害など、心身の健康上の理由で退職する場合は、即日退職が認められやすいです。

僕もそうでしたけど、うつ病とか不安障害とか適応障害とかの診断が出れば退職はしやすいです。

ストレスが溜まり続けると症状が悪化するため、早期の退職が必要だと説明できます。

医師の診断書があれば、より説得力があります。

人間関係のトラブル

上司や同僚とのトラブルが深刻化し、職場に行けなくなった場合も即日退職が可能です。

なぜなら会社にとってもメリットがないからですね。

ぶっちゃけ問題がある人を会社も抱えておきたくないですし。

嫌がらせや暴力的な行為など、客観的に問題があると認められれば、2週間待つ必要はありません。

家族の介護や事故

家族の介護や事故など、やむを得ない個人的な事情がある場合も、即日退職が許可されるでしょう。

なぜなら文字通りやむを得ないと法的にも認められているためですね。

介護しないと人が死にますし。

家族の健康や生活に支障が出るような状況であれば、退職の正当性は高いと判断されます。

このように、心身の健康や人間関係、家族の事情など、客観的に「やむを得ない事情」があれば、2週間の猶予期間を待たずに即日退職できる可能性があります。

ただし、退職後の生活設計ができていることが前提条件となります。

退職代行は当日の朝でも使える?

police

「今日で会社を辞めたい」と思った時、退職代行サービスはそのような突然の決断に対応できるのでしょうか?

この章では、退職代行サービスが当日の朝でも利用可能かどうか、そしてその際に考慮すべき点について探ります。

1. 当日の朝で退職できるかどうかは、状況による

多くの退職代行サービスは、クライアントの突然の要求に対応するため、柔軟なサービス提供を心掛けています。

実際には、当日の朝に連絡を受けた場合でも、迅速に動き出す体制を整えている場合が多いです。

しかし、サービス提供者によっては事前の準備や相談を要求することもありますし、クライアントと企業の状況にもよるため、一概に即日対応が可能とは限りません。

なにより、法的には2週間前の申し出が義務化されていますからね。

企業としては就業規則を優先したがりますし法律を持ち出されては、どうしようもありません。

ゆん
とは言っても企業が合意すれば即日退職できます

なので結局は人それぞれ即日退職できるかできないか異なります。

2. 法的な観点と企業への影響

前述の通り、日本の労働基準法では退職の意向を示す2週間前の通知が原則とされています。

当日の朝に退職代行サービスを利用する場合、この法的要件を無視する形となり、企業側とのトラブルに発展するリスクがあります。

また、企業によっては、特定の条件下でのみ即日退職を認めている場合もあるため、そのような規定に抵触しないよう注意が必要です。

多くの場合では企業が訴訟を起こしてもメリットがないので訴訟リスクは低いですけどね。

3. 退職代行を当日の朝

当日の朝に退職代行サービスを利用することを決めた場合、以下の点に注意して進めることが推奨されます。

  • サービスの選定: 即日対応が可能な退職代行サービスを選ぶことが重要です。事前にサービスの対応能力や条件を確認しておきましょう。
  • 法的リスクの理解: 即日退職には法的リスクや企業とのトラブルが伴う可能性があることを理解し、その上でサービスを利用することが重要です。
  • 退職後の計画: 即日退職による急な生活の変化に備え、退職後の計画を事前に立てておくことが望ましいです。

詳細は、下記の記事でまとめていますので、参考になさってください。

あわせて読みたい
退職代行は当日の朝でも使えるという嘘!経験者の僕が注意点を解説 退職代行は当日の朝でも使えるって嘘なの?即日退職は無理?   このような悩みを解決します。     人生には様々なストレスがつきものですが、退職という...

    退職代行で2週間出勤したくない!事前にすべき準備

    office supplies

    退職をする際には、退職代行サービスを利用する前にいくつかの準備を行うことがおすすめです。

    以下では、退職代行を利用する際にスムーズな退職を進めるために事前に行うべき準備について解説します。

    ①備品の返却や荷物の整理

    退職後に出社を要求されないようにするためには、退職後に返却すべき備品や整理すべき荷物を事前に処理することが重要です。

    退職後に返却が必要な備品がある場合は、先に全て返却することが望ましいでしょう。

    また、自分の私物に関しても、会社に置いてある場合は事前に回収しておくことが礼儀となります。

    • – 会社の備品を返却する
    • – 自分の荷物を整理する
    • – 会社に置いてある私物を回収する

    ②有給休暇の確認

    退職代行を利用する際には、残っている有給休暇の日数を把握しておくことが重要です。

    特に有給休暇を使用して辞めたい場合は、必ず残りの有給休暇日数を確認しましょう。

    有給休暇を利用することで、退職代行業者にスムーズに依頼をすることができます。

    • – 残りの有給休暇日数を確認する
    • – 退職に使用する有給休暇の日数を把握する

    ③社宅の場合は引っ越し準備

    社宅に住んでいる場合、退職後には家を出て行かなければなりません。

    社宅は社員のための家なので、やめる人は出ていかなければなりませんからね。

    会社に寄りますが、退職日から2週間後には引っ越さなければならない場合もあるため、事前に確認して引っ越しの準備を進める必要があります。

    退職日や退去の手続きに合わせて、引っ越しの手配を早めにすることが大切です。

    • – 社宅の退去期間を確認する
    • – 引っ越しの手続きを準備する

    これらの準備を事前に行うことで、退職代行を利用してスムーズな退職ができます。

    準備が整っている状態で退職代行業者に依頼することで、円満な退職が実現できるでしょう。

    退職代行おんぶ
    退職代行で後悔した点とそれでもおすすめする理由 退職代行サービスを利用した実体験から、後悔した点とそれでもサービスをおすすめする理由を赤裸々に共有します。退職プロセスの意外な落とし穴と、それにも関わらず退職代...

    退職代行における「即日退職」の注意点

    resignation

    仕事を即日で辞めたいという方は少なくありません。

    ただ、即日退職を実現するためには、いくつかの留意点があります。

    以下に具体的な内容をまとめました。

    1. 「即日」を謳う過剰な広告には注意が必要

    退職代行サービスの中には、「即日」と宣伝しているものがありますが、その表記に騙されると、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

    なぜなら、すべての方を「即日」で退職させてくれるわけではないためです。

    パワハラやセクハラが原因など、実際に即日が可能な場合もありますが、あなたには当てはまらない場合もあるので注意しましょう。

    まずは可能かどうか相談することをおすすめします。

    要望を伝えるだけなら無料ですからね。

    2.  退職時に行うべき準備を整理する

    退職を急いでいる場合でも、自身ができる努力を忘れてはいけません。

    業務の引継ぎや貸与物の返却など、会社に支障をきたす可能性がある作業は、事前に済ませておくべきです。

    これらの準備を適切に行わずに退職を急ぐと、後になって会社からの損害賠償請求など紛争が生じることがあります。

    備品を返さないと、窃盗罪になりますからね。

    退職時に行うべきことの一覧は以下の通りです。

    • – 業務の引継ぎを行う
    • – 貸与物の返却手続きをする
    • – 社内の手続き(退職届の提出など)を適切に行う

    特に、営業職に関しては引継ぎに1ヶ月かかるとみておいたほうがよいですね。

    退職代行おんぶ
    404: ページが見つかりませんでした - 退職代行おんぶ 世間の気になるニュースをいち早く紹介

    3. 退職代行は価格だけで選ばないほうがいい

    退職代行サービスを利用する場合、価格だけを基準に選ぶのは危険です。

    安価なサービスには品質の低下が伴うこともあります。

    労働問題は円満に解決するのが難しく、リスクも存在します。

    退職代行の結果、深刻な労働問題が発生する可能性もあるため、信頼できる退職代行サービスを選ぶことが重要です。

    以上の注意点を守りつつ、退職代行サービスを利用すれば、スムーズな即日退職が可能です。

    トラブルを回避するためには、十分な準備をして慎重に行動しましょう。

    退職代行であっても、退職届は自分で作る必要がある

    退職代行でも退職届は自分で書こう!書き方と注意点を徹底解説

    退職代行であっても、退職届の作成は自分でやらなければなりません。

    なぜなら、退職届は本人による作成でないと意味がないためです。

    退職代行に依頼した時点で作り方や注意点は教えてもらえますが、退職届の作成はご自身でするということを頭に入れておいてくださいね。

    退職代行おんぶ
    【実体験】退職代行でも退職届は代筆できない?退職届の提出までの流れを解説 退職代行サービスを利用する際、退職届の代筆が可能かどうか、そして退職届の正しい提出方法について実体験に基づいた詳細なガイド。退職届の作成から提出までのステップを...

    退職代行なら2週間待たずに辞められる!おすすめの退職代行4選

     
    ゆん
    僕が実際に退職代行で辞めた実体験をもとに、おすすめの退職代行をご紹介させてください!
    ※プロモーションが含まれます

    確実に退職したい方には、『退職代行Jobs』!料金は27,000円(税込)

    1. 即日対応: 今すぐ退職の連絡を行うことができます。
    2. 退職率100%:2024年5月時点において、退職率は100%を誇ります。
    3. 弁護士監修:弁護士による監修なので確実かつ安心して退職できます。
    4. 労働組合と連携:労働組合とも連携しているので交渉できます。
    5. 後払い制度: 現金後払いが選択可能(審査後に利用可能)。
    6. 業界最安値クラスの料金: 一律 27,000円で明確な料金設定。追加料金は一切なし。
    7. 有給休暇サポート: 有給休暇の申請も無料でサポートします。
    8. 全額返金保証: 退職が成功しなければ、支払い金は全額返金されます。
    9. 全国どこでも対応: どの県でも代行の実績があります。
    10. 無制限サポート: 退職が完了するまで、期間無制限でフォローします。
    11. 転職支援: 無料の求人紹介サービスで転職活動を後押し。
    12. 引越し支援: 社宅や寮に住む方も、引越しの際に安心のサポート。

      労働組合法人が運営する、『退職代行ガーディアン』!料金は24,800円(税込)

      1. 安心・信頼の退職代行: 東京都労働委員会の認証を受けた法に準拠した合同労働組合によって実施されるため、違法性のない安全で確実な退職が可能。
      2. 退職率は100%:労働組合が運営していることもあり、退職率は100%を維持。
      3. 当日からの出社不要: 相談を受けたその日からの即日対応を可能にしているため、その日からの出勤義務は免除されます。
      4. 料金は明朗会計: 雇用形態や地域、年齢にかかわらず、変動しない一律料金体系を採用しており、連絡の回数や時間帯、案件の難易度による追加料金は発生しません。
      5. 企業への直接対応不要: 面倒な退職のプロセスは全てガーディアンにお任せください。直接的な離職の話し合いや退職届の提出、貸与品の返還に関するやり取りは不要で、郵送で完結します。
      6. 法的権限を有する代理交渉: ガーディアンの運営母体は法的な権利を有する合同労働組合であり、一般企業とは異なり、交渉を代理で行える正式な許可がありますから、安心して退職のプロセスを委ねることが出来ます。
      7. 確実な退職実現: 退職を否定された前例はなく、法令に基づいた交渉により確実に退職が実現します。違法な嫌がらせを行う雇用主に対しては、社会的な措置を含め、適法な範囲で抗議し、団体交渉によって経営者に対しても立ち向かうことが可能です。

      女性に特化した退職代行【わたしNEXT】!料金は29,800円(税込)

      • 女性が選ぶNo.1:女性に特化した退職代行で、女性向けの退職代行として業界No.1です。
      • 退職成功率100%:退職代行の成功率は100%の実績です。
      • 労働組合&弁護士監修:法的に対処・交渉もできるので確実かつ安心して退職できます。
      • 即日退職可能:退職を決意したその日から出社しなくてよいです。
      • 顧客満足度No.1:お客様満足度調査で『98.7%』の方が「大変満足」を選択しています。
      • 口コミランキングNo.1:利用した女性からの口コミランキングNo.1です。
      • リピート率No.1:次の職場でうまくいかなくても安心です。繰り返し使う女性が多いです。
      • 全額返金保証:仮に失敗した場合は全額返金保証があるので、安心して申し込めます。
        アルバイト・パート→¥19,800(税込)

        正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など→¥29,800(税込)

        アルバイトやパートなら、退職代行『辞めるんです』!27,000円(税込)

        1. 即日対応: 退職を決意したその日に連絡、次の日からの出社は不要です。速やかな行動で心の負担を軽減します。
        2. 退職率は100%: 正社員もアルバイトも関係なく、すべての方に退職成功率100%をお約束します。
        3. 有給消化交渉: 労働組合との強力な協力体制で、あなたの有給休暇を全て消化できるよう交渉を行います。
        4. 後払いサービス: 退職日が決まってからのお支払いなので、経済的な余裕を持ってサービスをご利用いただけます。
        5. 直接の連絡不要: 退職の連絡は私たちが代行。あなたは勤務先と直接話す必要がありません。
        6. 無制限無料相談: 退職に関する疑問や悩みを、無料で何度でもLINE登録後に相談可能です。些細なことでも結構です、ご遠慮なく!
        7. 全国どこでも対応: 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国どこにいても対応いたします。
        8. 未払い賃金交渉: 労働組合と連携し、未払い賃金がある場合はデータに基づいて請求のサポートも可能です。
        あわせて読みたい
        退職代行を使ってみたので体験談をブログにまとめる! 退職代行を使ってみた人の体験談が知りたい!退職代行を使おうか迷っているんです このような悩みを解決します。   退職は人生の大きな決断であり、その過程はスト...
        あわせて読みたい
        実際に使ってわかったおすすめの退職代行4選!スムーズな退職のコツと注意点 近年、働き方改革が求められる中で、退職手続きが悩みの種になることも少なくありません。 そんな時に役立つのが「退職代行サービス」です。 本記事では、退職代行サー...

        まとめ:退職代行は2週間前の利用がスムーズで円満!

        退職代行サービスは、退職を希望する従業員が会社に直接退職の意思を伝えられない場合に利用される便利なサービスです。

        退職日を2週間以上前に会社に伝えることが望ましいですが、有給休暇や欠勤を利用すれば即日で退職することも可能ですよ。

        ただし、退職代行サービスの利用には準備が必要で、退職手続きや私物の整理、有給休暇の確認などを事前に行うことが大切です。

        有給休暇や欠勤を利用して退職する場合は、退職代行業者と相談し適切な手続きを行う必要があります。

        円満な退職をするためには、事前の準備と計画が重要です。

        退職代行サービスを活用することで、心機一転して新たなキャリアを築くことができるでしょう。

         

        退職代行利用前に僕が不安に思っていたこと総まとめ

        退職代行サービスを利用する際に、多くの人が持つ疑問や不安を解消するため、よくある質問をまとめました。

        ゆん
        実際に僕が退職代行を利用する前に不安に思っていたことです!

        Q1: 退職代行サービスの利用は法的に問題はないの?

        A1: 法的に問題はありません。ただし、サービスによっては、提供する内容が法律に抵触する可能性もあるため、信頼できる業者選びが重要です。

        あわせて読みたい
        退職代行は違法?非弁行為じゃないの?リスクや選び方の注意点を解説 退職代行は違法じゃないの?非弁行為って何?使っても平気なの?リスクが知りたい!   このような悩みを解決します。     退職を決意したはいいものの、...

        Q2: 退職代行を利用すると、確実に退職できるの?

        A2: ほとんどのケースで退職できますが、業界や個々の職場の事情によっては難しい場合もあります。事前にサービス提供者と詳細を確認することが大切です。

        Q3: 退職代行サービスの料金はどのくらい?

        A3: サービスによって料金は異なりますが、一般的に数万円程度が相場です。料金体系や追加料金の有無も確認しておきましょう。

        Q4: 有給休暇の残日数はどうなるの?

        A4: 法律で定められた有給休暇は、退職時に消化が難しい場合、残日数に応じた給与として支払われることが多いです。サービスによっては有給消化のサポートもしてくれます。

        Q5: 家族や友人にバレずに退職できる?

        A5: 退職代行サービスはプライバシー保護を徹底していますので、利用者の許可なく家族や友人に情報が漏れることはありません。

        あわせて読みたい
        【体験談】退職代行は転職先にバレなかった!バレないためにした6つの対策 退職代行は転職先にバレない?バレたら不利になるんじゃ?   このような悩みを解決します。   転職を考える際、退職手続きや交渉に悩むことは多々ありますが...

        Q6: 転職活動に影響はある?

        A6: 直接的な影響はありませんが、退職代行サービスの利用を転職先に伝えるかどうか、またその方法は慎重に考える必要があります。

        あわせて読みたい
        【体験談】退職代行は転職で不利にならない理由とバレないためにしたこと 退職代行で退職したいけど、転職活動で不利になる?どんな影響があるの?実際に使った人の声が聴きたい!   このような悩みを解決します。     退職代行...

        Q7: 退職代行サービスを利用した後のトラブルはある?

        A7: 信頼できるサービスを選べば、トラブルはほとんどありません。ただし、サービス選びを間違えると、トラブルのリスクが高まる可能性もあります。

        あわせて読みたい
        【実話】退職代行のその後にあった8の事実!転職への影響や会社からの連絡の有無 退職代行で退職したいけど、その後は大丈夫なの?申し込み後に必要なことって何?それと、後になってネガティブことがあったりしない?   このような悩みを解決し...

        Q8: 社宅や寮に住んでいる場合の対応は?

        A8: 社宅や寮の退去に関してもサポートしてくれるサービスがありますが、事前に確認が必要です。自己責任での対応が求められる場合もあります。

        Q9: 退職の意志が固まっていないけど相談できる?

        A9: 多くの退職代行サービスでは、退職の意志が固まる前の相談も受け付けています。気軽に相談してみると良いでしょう。

        Q10: 退職代行サービスを利用する最適なタイミングは?

        A10: 退職を決意したが、直接上司に伝えることが難しい、または精神的負担を避けたい場合に利用すると良いでしょう。ただし、利用する前には料金やサービス内容をしっかり確認することが重要です。

        Q11: 当日の朝、即日退職できる?

        A11: 即日退職が可能なサービスもありますが、即日での手続きは特に緊急性が高い場合に限られることが多いです。企業側との交渉が必要になる場合もありますので、サービス提供者に相談してみましょう。

        あわせて読みたい
        退職代行は当日の朝でも使えるという嘘!経験者の僕が注意点を解説 退職代行は当日の朝でも使えるって嘘なの?即日退職は無理?   このような悩みを解決します。     人生には様々なストレスがつきものですが、退職という...

        Q12: 安い退職代行はリスクが高い?5000円や1万円の退職代行はやめとけ?

        A12: 価格が安い退職代行サービスでは、サービスの質やサポート体制が十分でない可能性があります。特に低価格で提供しているサービスには、利用者のニーズに応えられない場合や、追加料金が発生するケースもあるため、詳細を確認し、信頼できるサービスを選ぶことが重要です。

        投稿が見つかりません。

        Q13: 退職代行なら2週間で辞められる?

        A13: 多くの退職代行サービスでは、労働基準法に基づいた2週間の予告期間を守る形で退職手続きを進めます。ただし、企業側の了承が得られれば、それより短い期間での退職も可能です。サービスによっては、速やかな退職を希望する場合の相談にも応じています。

        Q14: 退職代行サービスの選び方は?

        A14: 退職代行サービスを選ぶ際には、料金の透明性、提供されるサービス内容、過去の実績、ユーザーレビューや評判を確認することが大切です。また、利用者のプライバシー保護やアフターサポートの有無も重要なポイントです。信頼できるサービスを選ぶためには、事前の情報収集と慎重な検討が必要になります。

        Q15: 退職代行サービスで退職する流れは?

        退職代行の流れは下記の通りでした。
        1. 退職代行に申し込む
        2. 無料相談&状況説明をして、退職できることを確認し、正式に申し込む
        3. 料金支払いで契約成立
        4. スケジュールを決める(退職日や会社に連絡してもらう日)
        5. 退職代行からの連絡を待つ
        6. 転職活動再開
        7. 退職手続き完了報告(申し込みから3週間くらい。意向に沿ってくれる。)
        8. 貸与品などの返却要望が退職代行からくるので対応する
        9. 離職票や源泉徴収票などが会社から郵送される
        10. 退職完了
         

        実際に使ってわかったおすすめの退職代行4選!

         
        ゆん
        実際に僕が退職代行で辞めた実体験をもとに、おすすめの退職代行をご紹介させてください!
          ※プロモーションが含まれます

        確実に退職したい方には、『退職代行Jobs』!料金は27,000円(税込)

        1. 即日対応: 今すぐ退職の連絡を行うことができます。
        2. 退職率100%:2024年5月時点において、退職率は100%を誇ります。
        3. 弁護士監修:弁護士による監修なので確実かつ安心して退職できます。
        4. 労働組合と連携:労働組合とも連携しているので交渉できます。
        5. 後払い制度: 現金後払いが選択可能(審査後に利用可能)。
        6. 業界最安値クラスの料金: 一律 27,000円で明確な料金設定。追加料金は一切なし。
        7. 有給休暇サポート: 有給休暇の申請も無料でサポートします。
        8. 全額返金保証: 退職が成功しなければ、支払い金は全額返金されます。
        9. 全国どこでも対応: どの県でも代行の実績があります。
        10. 無制限サポート: 退職が完了するまで、期間無制限でフォローします。
        11. 転職支援: 無料の求人紹介サービスで転職活動を後押し。
        12. 引越し支援: 社宅や寮に住む方も、引越しの際に安心のサポート。
             

          労働組合法人が運営する、『退職代行ガーディアン』!料金は24,800円(税込)

          1. 安心・信頼の退職代行: 東京都労働委員会の認証を受けた法に準拠した合同労働組合によって実施されるため、違法性のない安全で確実な退職が可能。
          2. 退職率は100%:労働組合が運営していることもあり、退職率は100%を維持。
          3. 当日からの出社不要: 相談を受けたその日からの即日対応を可能にしているため、その日からの出勤義務は免除されます。
          4. 料金は明朗会計: 雇用形態や地域、年齢にかかわらず、変動しない一律料金体系を採用しており、連絡の回数や時間帯、案件の難易度による追加料金は発生しません。
          5. 企業への直接対応不要: 面倒な退職のプロセスは全てガーディアンにお任せください。直接的な離職の話し合いや退職届の提出、貸与品の返還に関するやり取りは不要で、郵送で完結します。
          6. 法的権限を有する代理交渉: ガーディアンの運営母体は法的な権利を有する合同労働組合であり、一般企業とは異なり、交渉を代理で行える正式な許可がありますから、安心して退職のプロセスを委ねることが出来ます。
          7. 確実な退職実現: 退職を否定された前例はなく、法令に基づいた交渉により確実に退職が実現します。違法な嫌がらせを行う雇用主に対しては、社会的な措置を含め、適法な範囲で抗議し、団体交渉によって経営者に対しても立ち向かうことが可能です。
             

          女性に特化した退職代行【わたしNEXT】!料金は29,800円(税込)

          • 女性が選ぶNo.1:女性に特化した退職代行で、女性向けの退職代行として業界No.1です。
          • 退職成功率100%:退職代行の成功率は100%の実績です。
          • 労働組合&弁護士監修:法的に対処・交渉もできるので確実かつ安心して退職できます。
          • 即日退職可能:退職を決意したその日から出社しなくてよいです。
          • 顧客満足度No.1:お客様満足度調査で『98.7%』の方が「大変満足」を選択しています。
          • 口コミランキングNo.1:利用した女性からの口コミランキングNo.1です。
          • リピート率No.1:次の職場でうまくいかなくても安心です。繰り返し使う女性が多いです。
          • 全額返金保証:仮に失敗した場合は全額返金保証があるので、安心して申し込めます。
            アルバイト・パート→¥19,800(税込)

            正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など→¥29,800(税込)

             

            アルバイトやパートなら、退職代行『辞めるんです』!27,000円(税込)

            1. 即日対応: 退職を決意したその日に連絡、次の日からの出社は不要です。速やかな行動で心の負担を軽減します。
            2. 退職率は100%: 正社員もアルバイトも関係なく、すべての方に退職成功率100%をお約束します。
            3. 有給消化交渉: 労働組合との強力な協力体制で、あなたの有給休暇を全て消化できるよう交渉を行います。
            4. 後払いサービス: 退職日が決まってからのお支払いなので、経済的な余裕を持ってサービスをご利用いただけます。
            5. 直接の連絡不要: 退職の連絡は私たちが代行。あなたは勤務先と直接話す必要がありません。
            6. 無制限無料相談: 退職に関する疑問や悩みを、無料で何度でもLINE登録後に相談可能です。些細なことでも結構です、ご遠慮なく!
            7. 全国どこでも対応: 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国どこにいても対応いたします。
            8. 未払い賃金交渉: 労働組合と連携し、未払い賃金がある場合はデータに基づいて請求のサポートも可能です。
               
            あわせて読みたい
            退職代行を使ってみたので体験談をブログにまとめる! 退職代行を使ってみた人の体験談が知りたい!退職代行を使おうか迷っているんです このような悩みを解決します。   退職は人生の大きな決断であり、その過程はスト...
            あわせて読みたい
            実際に使ってわかったおすすめの退職代行4選!スムーズな退職のコツと注意点 近年、働き方改革が求められる中で、退職手続きが悩みの種になることも少なくありません。 そんな時に役立つのが「退職代行サービス」です。 本記事では、退職代行サー...
            よかったらシェアしてね!
            • URLをコピーしました!
            • URLをコピーしました!
            目次