退職代行は弁護士なら失敗しない?メリット・デメリットと注意点を解説

退職代行は弁護士なら失敗しない?メリット・デメリットと注意点を解説

退職代行で弁護士を選べば失敗しないの?弁護士に依頼するメリットとデメリットが知りたい!

このような悩みを解決します。

ゆん
こんにちは、退職代行歴1回&人事のゆんです!退職代行を実際に使って詳しくなった&人事として使われる側の経験もしているので、知見をブログとしてまとめています。
   

 

退職代行使う以上絶対に失敗したくないですよね。

失敗しない方法として弁護士を選ぶということは正しいです。

なぜなら弁護士は法的に唯一認められた代理人だからですね。

民間企業や労働組合が運営する退職代行は、弁護士ほどの信頼性や法的な強さがないので、より確実に退職するなら弁護士の退職代行をおすすめします。

とは言っても、弁護士の退職代行ですら失敗することがあるんじゃないのと不安になる方もいますよね。

結論から言うと、弁護士による退職代行で失敗することはありません。

民間の退職代行や、労働組合による退職代行でも多くの場合は成功しますが、弁護士なら100%退職できますよ。

本記事ではなぜ確実に弁護士の退職代行ならやめられるのか根拠を持って解説します。

目次

退職代行は弁護士なら失敗しない理由を解説

business

結論、弁護士による退職代行なら失敗することはないです。

ここではその理由を述べます。

法的根拠をもって退職含めた交渉を任せられる

弁護士法では、弁護士が独占的に行うことができる業務が定められています。

そうなんです。法的には、弁護士だけが唯一代理人として認められた存在なんですよね。

代理人としての業務、交渉、法律顧問業務、訴訟代理など、弁護士以外が行うことは原則として禁止されています。

もっと分かりやすく言うなら、本人以外が何かをするなら、弁護士以外は法的に認められていないということです。

退職代行も厳密には「退職代理」ですし。

それでですよ、民法第627条によると、2週間前に通知すれば仕事を辞められるっていう記載があるんですよね。

弁護士は本人の代理です。

その弁護士が本人の代わりにやめるって事を通告した時点で、会社を2週間でやめられるっていうことは、法的に

なんですよね。

 

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
 期間によって報酬を定めた場合には、使用者からの解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三箇月前にしなければならない。
出典:e-GOV
ついでに民法第628条、「やむを得ない事由による雇用の解除」もご紹介しますが、やむを得ない場合は2週間のさだめに関係なくやめられるって事が書いてあります。
(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。
出典:e-GOV

 

というわけで法的には2週間でやめられますし、弁護士は法的に認められた唯一の代理人だし、やむを得ない事情がある場合は2週間という定めに関係なく仕事辞められるって事が法的に認められてます。

法的知識と交渉力が高い、交渉慣れしている

言われるまでもなく弁護士には退職に関する法的知識が豊富です。

会社が違法なこと言ってたら指摘してひっくり返すことができます。

それだけじゃなくて交渉ができるんですよね。

法的には本人以外は代理人、つまり弁護士だけが本人以外に交渉ができます。

法的知識を持って本人の借りる交渉ができるから、そりゃ確実にやめられますよね。

退職トラブルへの対応力が高い

さらに、弁護士は退職に関するトラブルへの対応力も高いといえます。

これも法的な知識と代理人という立場があるからです。

退職の際にトラブルは結構起こります。

未払い給料があるとか、有給使っちゃだめだよとか、よくわかんないこという会社結構ありますからね。

そういう時のための弁護士です。

弁護士以外が報酬を受けて交渉を行うことは非弁行為に該当する

business

皆さん、非弁行為という言葉をご存知ですか?

非弁行為とは、弁護士資格のない人や会社が、弁護士法で定められている特定の行為を行うことです。

つまり、退職交渉を弁護士以外がした時点で非弁行為に該当してしまうんですよね(労働組合は一部OK)。

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:e-Gov法令検索 弁護士法

非弁行為の何が問題かっていうと違法行為ってことです。

下手すればあなたの退職が取り消しになるかもしれないんですよね。それだけじゃなくて損害賠償請求を受けるかもしれません。

そんなのやってられないじゃないですか。なので事前に対策として弁護士を雇っておけば問題ないということです。

そのため民間企業の一般職員が交渉をするとか言い出したら、思いっきり非弁行為なので避けた方がいいです。

その退職代行は使わないほうがいいです。

まあ会社に対して電話とかでやめますっていうだけだったら民間でもいいんですけど、有給の交渉とか未払い給料の交渉とか残業代の交渉とか、「交渉」が必要そうな時点で、弁護士に頼んでおくと一番安全です。

退職代行を弁護士に依頼して失敗した事例は?

healthcare

結論から言うと、弁護士の退職代行が失敗した事例は一つもないです。

めちゃめちゃ必死に探しましたけどやっぱりなかったですね。

当たり前ですけど、法的根拠を持って会社に退職します、て伝えた時点で弁護士の勝ちです。

退職を認めないって言われた時点で違法行為ということで指摘できますし、交渉もできますからね。

会社からすると、あなたの代わりに弁護士が出てきた時点で退職は認めざるを得ないんです。法的にね。

なので、弁護士が退職代行失敗したという事例は1つもありませんし、今後も失敗する可能性はないと言えるでしょう。

退職代行を弁護士に依頼した場合の費用相場

law

退職代行を弁護士に依頼する際の費用は、退職代行だけの場合、約5万円~10万円程度が一般的です。

ただし、退職代行以外にも未払い給料や残業代の請求、セクハラやパワハラに対する慰謝料請求、労災申請などが必要な場合には、別途成功報酬や着手金が必要になることがあります。

そのため契約前に「この場合こういう費用がかかると思うけどいくらぐらいですか?」「追加費用はどのくらいになりますか?」という風に確認しておいた方がいいです。

一方、労働組合や民間企業の退職代行は、2万円~3万円前後です。

差額は、弁護士資格(時間当たりで発生するため)の影響ですね。

やはり弁護士資格というのは強いです。法的に唯一認められた代理人ですし。

そのためもし、法的に交渉してほしいことがあれば弁護士が良いですが、そうではないなら労働組合の退職代行がおすすめです。

退職代行を利用する際には、まず流れを理解し、費用についても事前に確認しておくことが重要です。

退職代行を弁護士に依頼するメリット

lawyer

弁護士の退職代行サービスを利用する際のメリットをまとめておきます。

すでにお話ししたことがかぶってるので簡単に行きますね。

退職に関する法的知識が豊富

まず何よりも、弁護士は退職に関する法的知識が非常に豊富です。

労働基準法や民法など、退職に関連する法律を熟知しているため、適切な対応を取ることができます。

つまりあなたが何かしらの違法行為を会社から受けてる場合は指摘できますし、なんなら損害賠償請求をすることもできます。

交渉力が高く、企業との対立を避けられる

次に、弁護士は交渉力が高いことも大きなメリットです。

企業との交渉は難しい場合もありますが、弁護士なら適切な交渉を行い、対立を避けつつ、望ましい条件を引き出すことができます。

弁護士の本業は交渉と言っても過言でないですからね。

会社と対立したくない場合や、会社として欲しい場合は弁護士が最適です。

退職トラブルへの対応力が高い

さらに、弁護士は退職に関するトラブルへの対応力も高いといえます。

退職時のトラブルは本当によく起きます。

その結果泥沼になるんですよね。

弁護士ならトラブルの対応も勝手にしてくれますし、法的根拠を持ってしてくれるのでこちらの非はないです。

退職に関する交渉ノウハウがある

最後に、弁護士は退職に関する交渉ノウハウを持っていることも大きなメリットです。

企業との交渉は難しい場合もありますが、弁護士なら適切な交渉を行い、望ましい退職条件を引き出すことができます。

退職経験がないと企業に言われるがままになって不利になる可能性があるじゃないですか。

その点弁護士なら心配不要ですね。

退職代行を弁護士に依頼するデメリットは費用の高さ

resignation

退職代行を弁護士に依頼するデメリットは1つです。

民間企業や労働組合だったら2万円が3万円で退職代行を提供しています。

一方弁護士の退職代行は5万円程度です。

最近は最安値で2万円からという弁護士による退職代行も出てきましたが、多くの場合は5万円から10万円が相場となっています。

確実性と信頼性が高い分費用がかかってしまうということはデメリットですね。

ゆん
弁護士の退職代行は、公務員の方、損害賠償請求リスクを抑えたい方、より確実に退職したい方におすすめです
 

弁護士法人ガイア総合法律事務所が提供する退職代行サービスは、従業員がスムーズに退職できるように、多角的なサポートを行うことが特徴です。

弁護士が対応するため、法的な交渉や対応が可能であり、労働組合と提携している退職代行より確実で安全な点がメリットですね。

  1. 費用は55,000円で無期限フルサポート:退職に際して必要となる書類の取り寄せや、有給休暇の消化、給料や退職金の請求など、退職後に必要な一切の手続きを無期限でサポートします。

  2. 成功率は100%:弁護士が法的な対応も含めて交渉するため、成功率は100%を維持しています。
  3. 24時間365日のサポート:いつでも相談可能で、土日祝日を問わず退職代行サービスが利用できます。

  4. 即日退社が可能:相談したその日に退職手続きを進めることができます。

  5. 会社との直接連絡不要:弁護士が代理人としてすべてのやり取りを行い、会社からの直接の連絡や家族への接触も避けます。

  6. 多様な雇用形態に対応:正社員だけでなく、契約社員、試用期間中の社員、会社役員、パート・アルバイト、派遣社員、公務員など幅広い雇用形態に対応しています。

  7. 損害賠償請求の防止:退職によって生じうる損害賠償請求を避けるための引継ぎ交渉もサポートします。

  8. 傷病手当サポート:オプションとして、パワハラなどによる体や精神の病気で退職する場合の傷病手当手続きのサポートも行います。

  >>弁護士法人ガイアの退職代行サービスの公式サイトはこちら  

弁護士による退職代行を使ったほうがいい人

police

退職代行サービスは多種多様ですが、特に弁護士による退職代行サービスは、法律的なサポートが必要な特定の状況において非常に有効です。

ここでは、弁護士による退職代行を利用した方が良い人の特徴や状況について説明します。

1. パワーハラスメントやセクシャルハラスメントを受けている人

職場でパワーハラスメントやセクシャルハラスメントを受けている場合、単に退職するだけでなく、その行為に対する法的な対処が必要な場合があります。

損害賠償請求をするってことですね。

不当に働かされていたんだったら、残業代の請求も必要ですし、対応するには弁護士に依頼するしかないです。

それに僕もそうでしたけど、ハラスメントを受けると気力も体力も失うじゃないですか。

つまり自分じゃ退職できないんですよね。

だからこそ退職代行に依頼することをおすすめします。

2. 不当な労働条件で働かされている人

過剰な時間外労働、不当な低賃金、休日出勤の強要など、不当な労働条件のもとで働かされている人も、弁護士による退職代行サービスを検討すべきです。

こちらも損害賠償請求が必要になる可能性があるからです。

どうせ後から別の弁護士に依頼するんだったら、退職代行の時点で弁護士に頼んでおくと後がスムーズですよね。

3. 退職に際してのトラブルが予想される人

退職を申し出た際に、企業側からの圧力や脅威が予想される場合、弁護士によるサポートが有効です。

特に、大企業や組織的な力が働く場合、個人で対抗するのは困難です。

というかトラブルが予想される時点で弁護士がいいですね。

そうしないとあなた自身を守れませんし。

4. 退職に伴う複雑な交渉が必要な人

退職に際して、重要なプロジェクトの引き継ぎや、在籍期間中の特許・知的財産の取り扱いなど、複雑な交渉が必要な場合があります。

それ以外によくあるのが、有給の消化や残業代の請求、未払い給料の請求などですね。

これらは交渉が必要なので弁護士の退職代行でないと対応できません。

退職代行を弁護士に依頼する流れ

lawyer

退職代行を弁護士に依頼する場合の流れは以下の通りです。

どの退職代行でも基本はこの流れですよ。

STEP1:弁護士に相談する

まずは、退職に関する悩みや希望条件などを弁護士に相談しましょう。

なぜ退職代行を検討しているのか、何を望むかはっきり伝えましょう。

STEP2:退職代行の委任契約を締結する

相談後、弁護士に退職代行の委任を依頼することになります。

委任契約書を取り交わし、正式に弁護士に業務を委託することになります。

費用は通常この時点で発生するので用意しておいた方が良いですね。

STEP3:企業との交渉を弁護士が行う

費用が払われた時点で、弁護士が会社と交渉を行います。

とにかくやめたいだけだったら交渉はないです。

ただ会社が交渉を持ちかけてくる場合はあるので、弁護士に頼んでおくとその場で処理してくれます。

STEP4:退職手続きを弁護士が代行する

退職交渉が整えば、あとは退職手続きを弁護士が代行します。

書類の作成や備品類の返却なども指示をくれますし、場合によっては代筆も可能です(代筆は別料金かも)。

退職手続きが終わったら、弁護士から報告があります。

この時点で退職は完了です。

お疲れ様でした。

退職代行を弁護士に依頼して失敗しないための注意点

business

冒頭で申し上げた通り、弁護士による退職代行で失敗事例はありませんし今後も起こりえません。

ただ、弁護士に伝える情報が不足していたり、依頼人自身が不要なことをすると失敗する可能性があるので注意点としてご紹介します。

基本的には言われたことだけしていればいい(余計なことはしない)

まず1つ目は、弁護士に言われたことだけをしましょう。

余計なことはしない方がいいということですね。

なぜなら状況が悪化してしまうかもしれないからです。

よくあるのが、弁護士が対応してくれているのに勝手に自分が企業対応してしまうこと。

弁護士を通さずに勝手に会社と話すことでより状況を悪化するかもしれません。

弁護士から何かしらの指示があると思うので従いましょう。

情報は包み隠さず伝える

次に大事なのが、情報は包み隠さず伝えることです。

仮に裁判になったとしますね。弁護士に必要な情報を伝えていなくて、対応できない可能性があります。

よくドラマでもありますけど、クライアントが都合の悪いことを隠しちゃうんですよね。

その結果どうなるかというと、相手に付け込まれて負けます。

そうならないために情報は包み隠さず伝えましょう。特に悪いことは、詳細に話すべきですね。

まとめ:退職代行を弁護士に依頼すれば失敗することはない!

退職代行弁護士に依頼すれば失敗することはありません。

なぜなら法的に退職は認めなければいけませんし、弁護士は法的に唯一認められた代理人だからです。

弁護士があなたの代わりに退職を勧告した時点で会社は認めざるを得ないんですよね。

そのため確実に退職したい場合や交渉をしてほしい場合は弁護士に依頼することをおすすめします。

費用は民間や労働組合も高くなりますけどその分安心感と確実性があります。

ご自分にあった退職代行を見つけて依頼しましょう。

今回は以上です。

ゆん
弁護士の退職代行は、公務員の方、損害賠償請求リスクを抑えたい方、より確実に退職したい方におすすめです
 

弁護士法人ガイア総合法律事務所が提供する退職代行サービスは、従業員がスムーズに退職できるように、多角的なサポートを行うことが特徴です。

弁護士が対応するため、法的な交渉や対応が可能であり、労働組合と提携している退職代行より確実で安全な点がメリットですね。

  1. 費用は55,000円で無期限フルサポート:退職に際して必要となる書類の取り寄せや、有給休暇の消化、給料や退職金の請求など、退職後に必要な一切の手続きを無期限でサポートします。

  2. 成功率は100%:弁護士が法的な対応も含めて交渉するため、成功率は100%を維持しています。
  3. 24時間365日のサポート:いつでも相談可能で、土日祝日を問わず退職代行サービスが利用できます。

  4. 即日退社が可能:相談したその日に退職手続きを進めることができます。

  5. 会社との直接連絡不要:弁護士が代理人としてすべてのやり取りを行い、会社からの直接の連絡や家族への接触も避けます。

  6. 多様な雇用形態に対応:正社員だけでなく、契約社員、試用期間中の社員、会社役員、パート・アルバイト、派遣社員、公務員など幅広い雇用形態に対応しています。

  7. 損害賠償請求の防止:退職によって生じうる損害賠償請求を避けるための引継ぎ交渉もサポートします。

  8. 傷病手当サポート:オプションとして、パワハラなどによる体や精神の病気で退職する場合の傷病手当手続きのサポートも行います。

  >>弁護士法人ガイアの退職代行サービスの公式サイトはこちら  

退職代行利用前に僕が不安に思っていたこと総まとめ

退職代行サービスを利用する際に、多くの人が持つ疑問や不安を解消するため、よくある質問をまとめました。

ゆん
実際に僕が退職代行を利用する前に不安に思っていたことです!

Q1: 退職代行サービスの利用は法的に問題はないの?

A1: 法的に問題はありません。ただし、サービスによっては、提供する内容が法律に抵触する可能性もあるため、信頼できる業者選びが重要です。

あわせて読みたい
退職代行は違法?非弁行為じゃないの?リスクや選び方の注意点を解説 退職代行は違法じゃないの?非弁行為って何?使っても平気なの?リスクが知りたい!   このような悩みを解決します。     退職を決意したはいいものの、...

Q2: 退職代行を利用すると、確実に退職できるの?

A2: ほとんどのケースで退職できますが、業界や個々の職場の事情によっては難しい場合もあります。事前にサービス提供者と詳細を確認することが大切です。

Q3: 退職代行サービスの料金はどのくらい?

A3: サービスによって料金は異なりますが、一般的に数万円程度が相場です。料金体系や追加料金の有無も確認しておきましょう。

Q4: 有給休暇の残日数はどうなるの?

A4: 法律で定められた有給休暇は、退職時に消化が難しい場合、残日数に応じた給与として支払われることが多いです。サービスによっては有給消化のサポートもしてくれます。

Q5: 家族や友人にバレずに退職できる?

A5: 退職代行サービスはプライバシー保護を徹底していますので、利用者の許可なく家族や友人に情報が漏れることはありません。

あわせて読みたい
【体験談】退職代行は転職先にバレなかった!バレないためにした6つの対策 退職代行は転職先にバレない?バレたら不利になるんじゃ?   このような悩みを解決します。   転職を考える際、退職手続きや交渉に悩むことは多々ありますが...

Q6: 転職活動に影響はある?

A6: 直接的な影響はありませんが、退職代行サービスの利用を転職先に伝えるかどうか、またその方法は慎重に考える必要があります。

あわせて読みたい
【体験談】退職代行は転職で不利にならない理由とバレないためにしたこと 退職代行で退職したいけど、転職活動で不利になる?どんな影響があるの?実際に使った人の声が聴きたい!   このような悩みを解決します。     退職代行...

Q7: 退職代行サービスを利用した後のトラブルはある?

A7: 信頼できるサービスを選べば、トラブルはほとんどありません。ただし、サービス選びを間違えると、トラブルのリスクが高まる可能性もあります。

あわせて読みたい
【実話】退職代行のその後にあった8の事実!転職への影響や会社からの連絡の有無 退職代行で退職したいけど、その後は大丈夫なの?申し込み後に必要なことって何?それと、後になってネガティブことがあったりしない?   このような悩みを解決し...

Q8: 社宅や寮に住んでいる場合の対応は?

A8: 社宅や寮の退去に関してもサポートしてくれるサービスがありますが、事前に確認が必要です。自己責任での対応が求められる場合もあります。

Q9: 退職の意志が固まっていないけど相談できる?

A9: 多くの退職代行サービスでは、退職の意志が固まる前の相談も受け付けています。気軽に相談してみると良いでしょう。

Q10: 退職代行サービスを利用する最適なタイミングは?

A10: 退職を決意したが、直接上司に伝えることが難しい、または精神的負担を避けたい場合に利用すると良いでしょう。ただし、利用する前には料金やサービス内容をしっかり確認することが重要です。

Q11: 当日の朝、即日退職できる?

A11: 即日退職が可能なサービスもありますが、即日での手続きは特に緊急性が高い場合に限られることが多いです。企業側との交渉が必要になる場合もありますので、サービス提供者に相談してみましょう。

あわせて読みたい
退職代行は当日の朝でも使えるという嘘!経験者の僕が注意点を解説 退職代行は当日の朝でも使えるって嘘なの?即日退職は無理?   このような悩みを解決します。     人生には様々なストレスがつきものですが、退職という...

Q12: 安い退職代行はリスクが高い?5000円や1万円の退職代行はやめとけ?

A12: 価格が安い退職代行サービスでは、サービスの質やサポート体制が十分でない可能性があります。特に低価格で提供しているサービスには、利用者のニーズに応えられない場合や、追加料金が発生するケースもあるため、詳細を確認し、信頼できるサービスを選ぶことが重要です。

投稿が見つかりません。

Q13: 退職代行なら2週間で辞められる?

A13: 多くの退職代行サービスでは、労働基準法に基づいた2週間の予告期間を守る形で退職手続きを進めます。ただし、企業側の了承が得られれば、それより短い期間での退職も可能です。サービスによっては、速やかな退職を希望する場合の相談にも応じています。

Q14: 退職代行サービスの選び方は?

A14: 退職代行サービスを選ぶ際には、料金の透明性、提供されるサービス内容、過去の実績、ユーザーレビューや評判を確認することが大切です。また、利用者のプライバシー保護やアフターサポートの有無も重要なポイントです。信頼できるサービスを選ぶためには、事前の情報収集と慎重な検討が必要になります。

Q15: 退職代行サービスで退職する流れは?

退職代行の流れは下記の通りでした。
  1. 退職代行に申し込む
  2. 無料相談&状況説明をして、退職できることを確認し、正式に申し込む
  3. 料金支払いで契約成立
  4. スケジュールを決める(退職日や会社に連絡してもらう日)
  5. 退職代行からの連絡を待つ
  6. 転職活動再開
  7. 退職手続き完了報告(申し込みから3週間くらい。意向に沿ってくれる。)
  8. 貸与品などの返却要望が退職代行からくるので対応する
  9. 離職票や源泉徴収票などが会社から郵送される
  10. 退職完了
 

実際に使ってわかったおすすめの退職代行4選!

 
ゆん
実際に僕が退職代行で辞めた実体験をもとに、おすすめの退職代行をご紹介させてください!
  ※プロモーションが含まれます

確実に退職したい方には、『退職代行Jobs』!料金は27,000円(税込)

  1. 即日対応: 今すぐ退職の連絡を行うことができます。
  2. 退職率100%:2024年5月時点において、退職率は100%を誇ります。
  3. 弁護士監修:弁護士による監修なので確実かつ安心して退職できます。
  4. 労働組合と連携:労働組合とも連携しているので交渉できます。
  5. 後払い制度: 現金後払いが選択可能(審査後に利用可能)。
  6. 業界最安値クラスの料金: 一律 27,000円で明確な料金設定。追加料金は一切なし。
  7. 有給休暇サポート: 有給休暇の申請も無料でサポートします。
  8. 全額返金保証: 退職が成功しなければ、支払い金は全額返金されます。
  9. 全国どこでも対応: どの県でも代行の実績があります。
  10. 無制限サポート: 退職が完了するまで、期間無制限でフォローします。
  11. 転職支援: 無料の求人紹介サービスで転職活動を後押し。
  12. 引越し支援: 社宅や寮に住む方も、引越しの際に安心のサポート。
       

    労働組合法人が運営する、『退職代行ガーディアン』!料金は24,800円(税込)

    1. 安心・信頼の退職代行: 東京都労働委員会の認証を受けた法に準拠した合同労働組合によって実施されるため、違法性のない安全で確実な退職が可能。
    2. 退職率は100%:労働組合が運営していることもあり、退職率は100%を維持。
    3. 当日からの出社不要: 相談を受けたその日からの即日対応を可能にしているため、その日からの出勤義務は免除されます。
    4. 料金は明朗会計: 雇用形態や地域、年齢にかかわらず、変動しない一律料金体系を採用しており、連絡の回数や時間帯、案件の難易度による追加料金は発生しません。
    5. 企業への直接対応不要: 面倒な退職のプロセスは全てガーディアンにお任せください。直接的な離職の話し合いや退職届の提出、貸与品の返還に関するやり取りは不要で、郵送で完結します。
    6. 法的権限を有する代理交渉: ガーディアンの運営母体は法的な権利を有する合同労働組合であり、一般企業とは異なり、交渉を代理で行える正式な許可がありますから、安心して退職のプロセスを委ねることが出来ます。
    7. 確実な退職実現: 退職を否定された前例はなく、法令に基づいた交渉により確実に退職が実現します。違法な嫌がらせを行う雇用主に対しては、社会的な措置を含め、適法な範囲で抗議し、団体交渉によって経営者に対しても立ち向かうことが可能です。
       

    女性に特化した退職代行【わたしNEXT】!料金は29,800円(税込)

    • 女性が選ぶNo.1:女性に特化した退職代行で、女性向けの退職代行として業界No.1です。
    • 退職成功率100%:退職代行の成功率は100%の実績です。
    • 労働組合&弁護士監修:法的に対処・交渉もできるので確実かつ安心して退職できます。
    • 即日退職可能:退職を決意したその日から出社しなくてよいです。
    • 顧客満足度No.1:お客様満足度調査で『98.7%』の方が「大変満足」を選択しています。
    • 口コミランキングNo.1:利用した女性からの口コミランキングNo.1です。
    • リピート率No.1:次の職場でうまくいかなくても安心です。繰り返し使う女性が多いです。
    • 全額返金保証:仮に失敗した場合は全額返金保証があるので、安心して申し込めます。
      アルバイト・パート→¥19,800(税込)

      正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など→¥29,800(税込)

       

      アルバイトやパートなら、退職代行『辞めるんです』!27,000円(税込)

      1. 即日対応: 退職を決意したその日に連絡、次の日からの出社は不要です。速やかな行動で心の負担を軽減します。
      2. 退職率は100%: 正社員もアルバイトも関係なく、すべての方に退職成功率100%をお約束します。
      3. 有給消化交渉: 労働組合との強力な協力体制で、あなたの有給休暇を全て消化できるよう交渉を行います。
      4. 後払いサービス: 退職日が決まってからのお支払いなので、経済的な余裕を持ってサービスをご利用いただけます。
      5. 直接の連絡不要: 退職の連絡は私たちが代行。あなたは勤務先と直接話す必要がありません。
      6. 無制限無料相談: 退職に関する疑問や悩みを、無料で何度でもLINE登録後に相談可能です。些細なことでも結構です、ご遠慮なく!
      7. 全国どこでも対応: 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国どこにいても対応いたします。
      8. 未払い賃金交渉: 労働組合と連携し、未払い賃金がある場合はデータに基づいて請求のサポートも可能です。
         
      あわせて読みたい
      退職代行を使ってみたので体験談をブログにまとめる! 退職代行を使ってみた人の体験談が知りたい!退職代行を使おうか迷っているんです このような悩みを解決します。   退職は人生の大きな決断であり、その過程はスト...
      あわせて読みたい
      実際に使ってわかったおすすめの退職代行4選!スムーズな退職のコツと注意点 近年、働き方改革が求められる中で、退職手続きが悩みの種になることも少なくありません。 そんな時に役立つのが「退職代行サービス」です。 本記事では、退職代行サー...
      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      • URLをコピーしました!
      目次