MENU

会社に行かずに退職する方法と手続きのポイント

会社に行かずに退職する方法と手続きのポイント

おすすめの退職代行サービス3選

※プロモーションが含まれます

安心して退職したい方には、『退職代行Jobs』!料金は26,000円(税込)

  1. 即日対応: 今すぐ退職の連絡を行うことができます。
  2. 弁護士監修:弁護士による監修なので確実かつ安心して退職できます。
  3. 労働組合と連携:労働組合とも連携しているので交渉できます。
  4. 後払い制度: 現金後払いが選択可能(審査後に利用可能)。
  5. 業界最安値クラスの料金: 一律 26,000円で明確な料金設定。追加料金は一切なし。
  6. 有給休暇サポート: 有給休暇の申請も無料でサポートします。
  7. 全額返金保証: 退職が成功しなければ、支払い金は全額返金されます。
  8. 全国どこでも対応: どの県でも代行の実績があります。
  9. 無制限サポート: 退職が完了するまで、期間無制限でフォローします。
  10. 転職支援: 無料の求人紹介サービスで転職活動を後押し。
  11. 引越し支援: 社宅や寮に住む方も、引越しの際に安心のサポート。
    >>退職代行Jobsが提供するサービスの案内

    労働組合法人が運営する、『退職代行ガーディアン』!料金は29,800円(税込)

    1. 安心・信頼の退職代行: 東京都労働委員会の認証を受けた法に準拠した合同労働組合によって実施されるため、違法性のない安全で確実な退職が可能。
    2. 当日からの出社不要: 相談を受けたその日からの即日対応を可能にしているため、その日からの出勤義務は免除されます。
    3. 料金は明朗会計: 雇用形態や地域、年齢にかかわらず、変動しない一律料金体系を採用しており、連絡の回数や時間帯、案件の難易度による追加料金は発生しません。
    4. 企業への直接対応不要: 面倒な退職のプロセスは全てガーディアンにお任せください。直接的な離職の話し合いや退職届の提出、貸与品の返還に関するやり取りは不要で、郵送で完結します。
    5. 法的権限を有する代理交渉: ガーディアンの運営母体は法的な権利を有する合同労働組合であり、一般企業とは異なり、交渉を代理で行える正式な許可がありますから、安心して退職のプロセスを委ねることが出来ます。
    6. 確実な退職実現: 退職を否定された前例はなく、法令に基づいた交渉により確実に退職が実現します。違法な嫌がらせを行う雇用主に対しては、社会的な措置を含め、適法な範囲で抗議し、団体交渉によって経営者に対しても立ち向かうことが可能です。
    >>退職代行ガーディアン

    アルバイトやパートなら、退職代行『辞めるんです』!27,000円(税込)

    1. 即日対応: 退職を決意したその日に連絡、次の日からの出社は不要です。速やかな行動で心の負担を軽減します。
    2. 確実なサポート: 正社員もアルバイトも関係なく、すべての方に退職成功率100%をお約束します。
    3. 有給消化交渉: 労働組合との強力な協力体制で、あなたの有給休暇を全て消化できるよう交渉を行います。
    4. 後払いサービス: 退職日が決まってからのお支払いなので、経済的な余裕を持ってサービスをご利用いただけます。
    5. 直接の連絡不要: 退職の連絡は私たちが代行。あなたは勤務先と直接話す必要がありません。
    6. 無制限無料相談: 退職に関する疑問や悩みを、無料で何度でもLINE登録後に相談可能です。些細なことでも結構です、ご遠慮なく!
    7. 全国どこでも対応: 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国どこにいても対応いたします。
    8. 未払い賃金交渉: 労働組合と連携し、未払い賃金がある場合はデータに基づいて請求のサポートも可能です。
    >>退職代行サービス【辞めるんです】
    あわせて読みたい
    退職代行の体験談!利用者の実体験から解るメリットとデメリット 退職代行を考えているけれど、どんな感じなのかわからないと使いたくないですよね。 私自身、退職代行で退職しましたが、不安だったので口コミを調べまくりました。 無...
    あわせて読みたい
    退職代行おすすめランキング!スムーズな退職のコツと注意点 近年、働き方改革が求められる中で、退職手続きが悩みの種になることも少なくありません。 そんな時に役立つのが「退職代行サービス」です。 本記事では、退職代行サー...

    現代社会では、働く中でさまざまな問題や困難に直面することがあります。

    その結果、会社に行かずに退職を考える人も増えてきていますし、実際に可能です。

    本記事では、会社に行かずに退職を考える理由や、退職手続きの方法、注意点について詳しく説明していきます。

    退職を考えている方や、心身の健康やキャリアに関心のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

    目次

    1. 会社に行かずに退職を考える理由

    work

    会社に行かずに退職する理由は人それぞれですが、以下に一般的な理由をいくつか挙げてみます。

    1.1 心身の限界

    心身ともに限界を感じている方は、会社に行くこと自体が困難です。

    長時間労働や過度なストレスなど、労働環境の問題が原因で退職を考える場合もあります。

    このような状況では、無理に会社に行くことは健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。

    1.2 不当な扱い

    パワハラやいじめなど、上司や同僚からの不当な扱いを受けている場合、会社に行くことが辛くなることがあります。

    このような環境では、心理的な負担やストレスがかかり、体調不良を引き起こす可能性もあります。

    自身の心身の健康を守るためにも、退職を考えるのは十分な選択です。

    1.3 即時の問題解決

    突然の事情や会社の問題など、目先の問題を即座に解決したい場合も、会社に行かずに退職することを選ぶかもしれません。

    しかし、即日退職の決断は将来的な問題を引き起こす可能性もあるため、注意が必要です。

    適切な対応や周到な計画を立てましょう。

    1.4 キャリアチェンジ

    自分の現在の仕事に満足していない場合、他の業界や職種に転職したいと考えることもあります。

    この場合、会社に行かずに退職することが選択肢になるかもしれません。

    自己成長や新たな挑戦を求める意欲がある場合には、積極的にキャリアチェンジを考えるのも良いでしょう。

    これらの理由によって会社に行かずに退職する人もいますが、退職を進める際には法律上のルールや労働契約、社会的な常識などを守ることが大切です。

    自身の心身の健康とキャリアのためにも、適切な方法で退職を進めましょう。

    2. 会社に行かずに退職する方法と注意点

    retirement

    退職する際には、適切な手続きを行うことが重要です。

    以下では、会社に行かずに退職する方法と手続きのやり方、注意点について詳しく説明します。

    会社に行かずに退職するおすすめの方法は「退職代行」の利用

    会社に行かずに退職するおすすめの方法は、退職代行サービスを活用することです。

    退職代行とは、本人に代わって会社と退職手続きを行ってくれるサービスのことをいいます。

    最近ではメディアでもよく取り上げられており、認知度が高まっています。

    退職代行サービスでは、自身で会社に行く必要がなくなり、退職手続きを業者に任せる点が最大のメリットです。

    具体的には、退職の意思を伝えるための手続きや書類の作成、交渉などを業者が代行してくれます。

    退職代行サービスのメリットは以下の通りです。

    • 退職に伴う手続きや書類作成などの面倒な作業を業者に任せることができる
    • 労働環境が悪い場合や精神的に追い込まれている場合でも、業者に代行してもらうことでスムーズに退職できる可能性がある
    • アルバイトやパートなどの雇用形態でも利用することができる

    退職代行サービスは、一般法人、労働組合、法律事務所などが運営しています。

    自身に合った業者を選ぶためには、それぞれの特徴、料金、実績を比較することが重要です。

    退職代行業者は弁護士対応のタイプと、弁護士が対応しないタイプでわかれており、交渉や法的な問題への対処までしたい場合は、弁護士が対応する退職代行に依頼することをおすすめします。

    あわせて読みたい
    はじめての退職代行の選び方とスムーズに退職するコツ 近年、ストレスフリーな退職手続きを求める人々のための退職代行サービスが増えていますよね。 スムーズに退職して転職活動に集中したい方から、自分では退職できない方...

    退職届の作成と提出

    自分で退職手続きをする場合、手続きの第一歩は「退職届の作成と提出」です。

    退職届は会社から指示がない限り、パソコンで作成することができます。

    以前は手書き作成が一般的でしたが、最近では多くの人がパソコンを使用して作成する傾向にあります。

    退職届の内容はほぼ決まったフォーマットになっており、見本を参考にすることができます。

    退職届には以下の必須事項が含まれます。

    1. – 退職理由(一般的には「一身上の都合」と記載)
    2. – 退職日
    3. – 届出年月日(提出する日付)
    4. – 所属部署と名前(名前の下に捺印)

    退職届は一般的に直属の上司に提出することが多いです。

    ただし、会社によっては独自の提出方法があるため、事前に確認しておくことが大切です。

    直接提出が難しい場合は、郵送で届けることもできます。

    ちなみに、退職届は退職代行を使っても自分が作る必要があります。

    あわせて読みたい
    退職代行でも退職届は自分が作る必要アリ!書き方と注意点を解説 退職を決意したものの、なかなか会社に伝える勇気が出ず、手続きが複雑でわからないと悩んでいる方も多いことでしょう。 そんな助けを求める声に応えて、退職代行という...

    退職に関する書類の受け取りと返却

    退職時には、会社から受け取るべき書類がありますし、返却すべき物品もあります。

    受け取るべき書類には以下が含まれます。

    1. – 雇用保険被保険者証
    2. – 年金手帳
    3. – 源泉徴収票
    4. – 離職票
    5. – 退職証明書

    特に離職票は、失業給付を受けるために必要な重要な書類です。

    もし受給するつもりであれば、会社に申請しておく必要があります。

    これらの書類は、転職先への提出や確定申告にも必要ですので、確実に受け取って保管しておくことが重要です。

    また、退職時には会社に返却するべき物品もあります。

    代表的な物品としては以下が挙げられます。

    1. – 健康保険証
    2. – 会社から支給された備品
    3. – 社員証・社章・名刺
    4. – 制服・作業着
    5. – 業務資料・マニュアル
    6. – 携帯電話・パソコン

    特に機密情報が含まれる書類やデバイスの返却は、トラブルを防ぐためにも重要です。

    退職時には、返却すべき物品をリストアップし、確認しながら返却漏れがないように注意しましょう。

    退職手続きに関する注意点

    退職手続きを行う際には、以下の注意点に留意することが重要です。

    1. 口頭での伝え方: 退職の意思を伝える際は、直属の上司に対して直接口頭で伝えることが望ましいです。メールやチャットツール、電話などではなく、必ず直接対面で相談し、退職届と一緒に退職の意思を伝えるようにしましょう。
    2. 退職の理由: 退職届には退職の理由を記載する必要があります。一般的には「一身上の都合」と記載されますが、具体的な事情を書く必要はありません。退職理由については、はっきりと話すことが重要です。
    3. 退職時期の調整: 退職時期は上司と調整する必要があります。退職届の作成時に希望する退職時期を書き、その後具体的な退職日を上司と話し合って決めるようにしましょう。
    4. 有給休暇の使用: 退職日までに使用できる有給休暇が残っている場合は、退職日までに全て使用するようにしましょう。有給休暇が残っていない場合は、上司と相談して欠勤扱いとするかどうかを決め、最善の方法で退職に向かって進める必要があります。

    退職手続きは、退職者と会社の関係を適切に解消するために非常に重要です。

    上記の注意点を念頭に置きながら、スムーズに手続きを進めるようにしましょう。

    3. 退職届を郵送する方法

    青空

    退職届を郵送する方法は、退職手続きを会社に行かずに完了させる手段の一つです。

    ここでは、退職届を郵送する方法について詳しく説明します。

    3.1 内容証明郵便を利用する

    退職届を郵送する際には、内容証明郵便を利用することをおすすめします。

    内容証明郵便は、送った文書やパッケージの受領証明を得るための郵便サービスです。

    会社側が退職届を受け取っていないと主張しても、内容証明郵便の受領証明があればそれを証拠として利用することができます。

    3.2 退職届の作成と送付

    退職届は、会社が指定しているフォーマットがある場合はそれを使用しますが、ない場合は自分で作成することが一般的です。

    退職届の内容は以下のような一般的な文面となります。

    1. – 退職理由(例:家庭の事情があり、退職することとなりました。)
    2. – 退職希望日(例:◯月◯日付けで退職させていただきたいです。)

    退職届はパソコンで作成することも可能です。

    近年では手書きよりもパソコンで作成することが一般的です。

    退職届が完成したら、内容証明郵便を利用して送付することができます。

    3.3 注意点

    退職届を郵送する際には、以下の注意点に留意してください。

    • 退職届の送付先は、会社の代表取締役や人事部などの退職手続きを担当する部署に送付しましょう。
    • 退職届を送付する際には、必ず内容証明郵便を利用し、送付状況を確認できるようにしましょう。
    • 退職届の送付時期については、退職予定日の2週間前を目安としましょう。余裕を持って送付することが重要です。
    • 送付先の住所や宛名が正確であるかを確認し、間違いのないようにしましょう。

      以上が、退職届を郵送する方法についての詳細な説明です。

      退職届の送付は、会社への退職意志の表明となるので、慎重に手続きを進めましょう。

      あわせて読みたい
      退職代行業者サービスの全て!円満退職への道を徹底解説 近年、労働環境の変化や働き方改革に伴い、働く人々の退職に関するニーズも多様化しています。 その一つとして、退職代行サービスが注目されています。 しかし、この退...

      4. 退職代行サービスの利点

      retirement

      退職代行サービスを利用することには、いくつかの利点があります。

      以下に、退職代行サービスを利用することの利点をいくつか紹介します。

      即日退職が可能

      退職代行サービスを利用すると、引き継ぎや時期に関係なく、仕事を確実に即日退職できます。

      特にブラック企業に勤めている方にとっては、辞めることが困難な状況でも即日退職できるため、非常に魅力的です。

      さらに、24時間対応の退職代行サービスもあり、深夜でも相談することができます。

      退職手続きを自分で行う必要がない

      自分で退職手続きを行う場合、職届の提出や備品の返却、書類の受け取りなど、様々な手続きをしなければなりません。

      しかし、退職代行サービスを利用すると、これらの手続きを代行してもらえるため、自分で手続きを行う必要がないです。

      特に手続きが気まずいと感じる方にとっては、非常に楽になるでしょう。

      あわせて読みたい
      退職代行の仕事内容から利用方法まで徹底解説 今回の記事では、「退職代行の内容」に焦点を当てたいと思います。 退職代行とは、従業員が会社を退職したいと考えているものの、何らかの理由で退職を伝えられない状況...

      気まずい思いをしなくて済む

      退職代行サービスを利用する最大の利点は、退職の話をすることによる気まずさを避けることができることです。

      実際には、上司に退職の話をすると怒られたり冷たくされたりすることもありますが、退職代行サービスを利用することで、このような心配をせずに済みます。

      また、退職代行サービスを利用して会社の人と連絡せずに辞めた人もいますので、気まずい思いを避けたいという方にとってはおすすめです。

      以上のように、退職代行サービスを利用することで、即日退職が可能になり、退職手続きの手間や気まずい思いをすることを避けることができます。

      退職をスムーズに行いたい方にとって、退職代行サービスは頼りになる選択肢と言えるでしょう。

      あわせて読みたい
      退職代行はありえない?賛否両論から使うべき人の特徴を解説 退職を考える際に、会社に直接退職の意思を伝えるのが難しい場合、退職代行サービスが選択肢のひとつとして浮かび上がります。 しかし、この退職代行サービスを利用する...

      5. 退職代行で即日退職をする際のポイント

      resignation

      即日退職を検討している場合、以下のポイントに留意することが重要です。

      退職の意思を2週間前に伝える

      即日退職を行う場合でも、まずは退職の意思を上司や雇用主に2週間前に伝える必要があります。

      これは法律上の義務です。退職の意思を伝えずに2週間休んでしまうと、退職が認められない可能性があるため、必ず退職希望日の2週間前に上司や雇用主に退職の意思を伝えましょう。

      なお、退職代行なら即日で退職することも可能なので、相談することをおすすめします。

      あわせて読みたい
      退職代行なら2週間前で退職できる?確実かつスムーズな退職方法 退職を考えているが、なかなか上司や人事に直接伝える勇気が出ないと感じている方もいますよね。 実際に、退職したくてもできない人は大勢います。 タイミングや状況に...

      無断欠勤は避ける

      即日退職するからといって、無断欠勤は避けるべきです。

      無断欠勤はトラブルの元となり、損害賠償を請求される可能性もあります。

      退職する際は、誠実に対応し、退職理由や退職日などをきちんと上司に伝えることが重要です。

      不当な要求に注意

      即日退職後、会社から損害賠償の請求や未払いの残業代の要求など、不当な要求を受ける可能性があります。

      しかし、退職希望日の2週間前に退職の意思を伝えていれば、法的な問題はありません。

      不当な要求には屈せず、必要ならば労働基準監督署や弁護士などの第三者機関や専門家に相談することをおすすめします。

      即日退職する際には、これらの注意点を頭に入れることが大切です。

      適切な手続きを踏んで退職することで、トラブルを回避し、円満な関係を保つことができます。

      退職する場合は、自身の権利や義務を理解し、法的な手続きに従った行動を心がけましょう。

      退職代行が怖い!不安という方へ

      退職代行が怖い!リスク回避と安心手続きのポイント

      はじめての退職代行は、不安でいっぱいだと思います。

      僕自身もそうだったので、気持ちがよくわかります。

      不安に対する対策や安全で安心できる退職代行業者を下記の記事でまとめているので、参考にしてください。

      退職代行は、業者選びに失敗しなければ、ストレスなく確実に辞められる優良なサービスです。

      あわせて読みたい
      退職代行が怖いし不安!リスク回避と安心手続きのポイント 退職を考えているものの、上司や会社に退職の意思を伝えることが怖い、または退職の手続きが困難だと感じる場合、退職代行サービスが救世主となります。 しかし、一方で...

      まとめ

      以上が、会社に行かずに退職する際の理由や手続き方法、注意点、そして退職代行サービスを利用する利点などについての詳細な説明でした。

      退職を考える際には、自身の心身の健康やキャリアを考えつつ、法的なルールや社会的な常識を守りながら適切な方法で進めることが大切です。

      また、即日退職をする際には特に注意が必要であり、適切な手続きとコミュニケーションを行うことが重要です。

      退職は新しいステージへの一歩であり、円満な関係を保つことを心がけましょう。

      皆さんの退職に対する理解とサポートがあれば幸いです。

      よくある質問

      Q1. 退職届は手書きでも作成できますか?

      A1. はい、退職届は手書きでも作成することができますが、最近ではパソコンを使用して作成することが一般的です。

      Q2. 退職届を提出する際、誰に提出すれば良いですか?

      A2. 退職届は一般的に直属の上司に提出しますが、会社によっては独自の提出先がある場合もあるので、事前に確認しておくことが重要です。

      Q3. 退職代行サービスを利用するとどのような利点がありますか?

      A3. 退職代行サービスを利用すると、即日退職が可能になったり、退職手続きを自分で行う必要がなくなったりします。また、退職の話をすることによる気まずさを避けることもできます。

      Q4. 即日退職する際、どのような注意点がありますか?

      A4. 即日退職する際には、退職の意思を2週間前に伝えることや無断欠勤を避けることが重要です。また、退職後に不当な要求があった場合は、法的な問題はなく、必要ならば第三者機関や専門家に相談することをおすすめします。

      おすすめの退職代行サービス3選

      ※プロモーションが含まれます

      安心して退職したい方には、『退職代行Jobs』!料金は26,000円(税込)

      1. 即日対応: 今すぐ退職の連絡を行うことができます。
      2. 弁護士監修:弁護士による監修なので確実かつ安心して退職できます。
      3. 労働組合と連携:労働組合とも連携しているので交渉できます。
      4. 後払い制度: 現金後払いが選択可能(審査後に利用可能)。
      5. 業界最安値クラスの料金: 一律 26,000円で明確な料金設定。追加料金は一切なし。
      6. 有給休暇サポート: 有給休暇の申請も無料でサポートします。
      7. 全額返金保証: 退職が成功しなければ、支払い金は全額返金されます。
      8. 全国どこでも対応: どの県でも代行の実績があります。
      9. 無制限サポート: 退職が完了するまで、期間無制限でフォローします。
      10. 転職支援: 無料の求人紹介サービスで転職活動を後押し。
      11. 引越し支援: 社宅や寮に住む方も、引越しの際に安心のサポート。
        >>退職代行Jobsが提供するサービスの案内

        労働組合法人が運営する、『退職代行ガーディアン』!料金は29,800円(税込)

        1. 安心・信頼の退職代行: 東京都労働委員会の認証を受けた法に準拠した合同労働組合によって実施されるため、違法性のない安全で確実な退職が可能。
        2. 当日からの出社不要: 相談を受けたその日からの即日対応を可能にしているため、その日からの出勤義務は免除されます。
        3. 料金は明朗会計: 雇用形態や地域、年齢にかかわらず、変動しない一律料金体系を採用しており、連絡の回数や時間帯、案件の難易度による追加料金は発生しません。
        4. 企業への直接対応不要: 面倒な退職のプロセスは全てガーディアンにお任せください。直接的な離職の話し合いや退職届の提出、貸与品の返還に関するやり取りは不要で、郵送で完結します。
        5. 法的権限を有する代理交渉: ガーディアンの運営母体は法的な権利を有する合同労働組合であり、一般企業とは異なり、交渉を代理で行える正式な許可がありますから、安心して退職のプロセスを委ねることが出来ます。
        6. 確実な退職実現: 退職を否定された前例はなく、法令に基づいた交渉により確実に退職が実現します。違法な嫌がらせを行う雇用主に対しては、社会的な措置を含め、適法な範囲で抗議し、団体交渉によって経営者に対しても立ち向かうことが可能です。
        >>退職代行ガーディアン

        アルバイトやパートなら、退職代行『辞めるんです』!27,000円(税込)

        1. 即日対応: 退職を決意したその日に連絡、次の日からの出社は不要です。速やかな行動で心の負担を軽減します。
        2. 確実なサポート: 正社員もアルバイトも関係なく、すべての方に退職成功率100%をお約束します。
        3. 有給消化交渉: 労働組合との強力な協力体制で、あなたの有給休暇を全て消化できるよう交渉を行います。
        4. 後払いサービス: 退職日が決まってからのお支払いなので、経済的な余裕を持ってサービスをご利用いただけます。
        5. 直接の連絡不要: 退職の連絡は私たちが代行。あなたは勤務先と直接話す必要がありません。
        6. 無制限無料相談: 退職に関する疑問や悩みを、無料で何度でもLINE登録後に相談可能です。些細なことでも結構です、ご遠慮なく!
        7. 全国どこでも対応: 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国どこにいても対応いたします。
        8. 未払い賃金交渉: 労働組合と連携し、未払い賃金がある場合はデータに基づいて請求のサポートも可能です。
        >>退職代行サービス【辞めるんです】
        あわせて読みたい
        退職代行の体験談!利用者の実体験から解るメリットとデメリット 退職代行を考えているけれど、どんな感じなのかわからないと使いたくないですよね。 私自身、退職代行で退職しましたが、不安だったので口コミを調べまくりました。 無...
        あわせて読みたい
        退職代行おすすめランキング!スムーズな退職のコツと注意点 近年、働き方改革が求められる中で、退職手続きが悩みの種になることも少なくありません。 そんな時に役立つのが「退職代行サービス」です。 本記事では、退職代行サー...
        よかったらシェアしてね!
        • URLをコピーしました!
        • URLをコピーしました!
        目次