沖縄そば
いいね!
  • 沖縄そばの歴史
  • 沖縄そばの種類
  • 沖縄そばの具
  • 沖縄そばの麺(鋭意制作中!)

沖縄そばの種類

離島でも沖縄そばは食されています。それぞれの地域でアレンジされており、「宮古そば」・「八重山そば」・「大東そば」などと、 その地の名を冠しています。
地域ごとに麺やスープ、具材に特徴があり、一番大きな違いは「麺」にあります。 離島の沖縄そばは本島のそばと比べて、どのような特徴があるのでしょうか。

沖縄そば

沖縄そば

もっともポピュラーなそば。
麺はきしめんと似ており、具は豚の三枚肉とカマボコ、スープは豚骨とカツオダシが使われます。薬味としてショウガやネギが添え られています。

宮古そば

宮古そば

本島のそばに比べ、麺がやや細く縮れが少ないのが特徴です。
具は沖縄そばとあまり変わらないのですが、昔は贅沢を隠す為に具を器の底に隠していました。最近では麺の上に乗せるところが多くなっています。

八重山・石垣のそば

八重山・石垣そば

細くて丸い縮れの無い麺に、ほんのり甘みのあるスープ、細切りにした豚肉とカマボコを盛るのが特徴です。
ピパーツというコショウに似た香辛料がよく合います。

大東そば

大東そば

太く縮れている麺が大東そばの特徴です。
木灰汁と海水で練った麺は、コシが強く食べごたえがあります。
縮れた麺にあっさりとしたスープがよく絡みます。

最近では本島内でも離島のそばを専門とした店が増えており、 離島へ行かなくてもその味を楽しめるように なりました。
また、沖縄そばも地域で微妙に味付けが異なっており好みの味を求めて食べ歩くのもオスス メです。