沖縄そば
いいね!
  • 沖縄そばの歴史
  • 沖縄そばの種類
  • 沖縄そばの具
  • 沖縄そばの麺(鋭意制作中!)

沖縄そばの具

沖縄そばの具

通常沖縄そばには、三枚肉、かまぼこ・ねぎ・紅しょうが等が入っていますが、沖縄そばが出始めた頃は豚肉(赤肉)とネギだけでした。今ではソーキや、軟骨、フーチバー、もずく、天ぷら、沖縄料理など それぞれの沖縄そば屋さんよって、工夫された具が用いられるようになってきました。
その中でも代表的な具材を紹介します。
三枚肉
沖縄そばの具・三枚肉

肉の断面が皮、脂身、赤身の三層になっていることから、 「三枚肉」と呼ばれている沖縄そばのメイン具材。 じっくりと時間をかけ、甘辛く煮込んである。

ソーキ
沖縄そばの具・ソーキ

豚のあばら肉(スペアリブ)を三枚肉同様、甘辛く煮込んだもので骨が簡単に取れるほど軟らかい。 骨付きソーキと軟骨ソーキがあり、どちらも人気が高い。

てびち
沖縄そばの具・てびち

豚足を煮込んだもの。 コラーゲンを豊富に含み、沖縄では昔から健康長寿食として好まれている。

中身
沖縄そばの具・中身

豚の胃や腸をざく切りにしたもの。 これらとコンニャクや椎茸を吸物にした中身汁は 古くから沖縄の郷土料理として食されている。

豆腐
沖縄そばの具・豆腐

豆腐を固める手前の柔らかい状態のもの。 あっさりとしていて、麺との食感の違いを楽しめる。

野菜炒め
沖縄そばの具・野菜炒め

ニンジン、キャベツ、タマネギや牛肉などを炒め、 麺が見えなくなるほどたっぷりと盛り付ける。 野菜の種類は店によりさまざま。

卵焼き
沖縄そばの具・卵焼き

細切りにして添えられてることが多い。 店によっては、ゆで卵を使うところもある。

フーチバー
沖縄そばの具・フーチバー

ニシヨモギの方言名で、カルシウムや鉄分などが豊富に含まれている。 普通はそのまま食べるが、最近では麺に練り込んだものも増えてきている。