沖縄そば
いいね!
  • 沖縄そばの歴史
  • 沖縄そばの種類
  • 沖縄そばの具
  • 沖縄そばの麺(鋭意制作中!)

沖縄そばの歴史

はじめは宮廷料理

はじめは宮廷料理

沖縄そばの起源にはいろいろな説があります。
14世紀後半に中国の明から伝わったという説や、15世紀に中国から訪れた冊封使によってもたらされた説など、さまざまです。
明確なところは未だ判明していませんが、中国から中華麺が伝わったものがルーツだと考えられています。当時は小麦粉が非常に高価だったため、宮廷料理として食されており 一般的なものではありませんでした。

歴史イメージ

那覇の支那そば

庶民に広く知られるようになったのは、明治後期に中国人が那覇に支那そば屋をいたのが始まりだといわれています。大正時代に入ると街中にはそば屋が増え、庶民が気軽に食べられるようになりました。
当初は豚骨ダシに醤油を使った色が濃いスープ、具は豚肉とネギだけのシンプルなものでしたが、徐々に改良が重ねられ、塩をベースにした色の薄いスープに三枚肉・かまぼこ・ネギ・紅ショウガなどの具材を用いた、今日のような独自のスタイルが形成されていったです。
その頃、「琉球そば」と呼ぶようにと警察からの指導がありましたが定着しませんでした。

歴史イメージ

戦後、急速に普及

沖縄戦で壊滅的な被害を受けたそば屋も、米軍が配給する小麦粉が大量に出回るようになると次々と復活してきました。
また、戦争によって夫を失った未亡人が生活のために店を始めるケースも多く見られ、沖縄そばは急速に普及していきます。
各地でそば屋が増えていく中、各店が具材やダシにさまざまな工夫を凝らして競い合い、発展してきました。

歴史イメージ

現在の沖縄そば

そして本土復帰の1970年代には、甘辛く煮付けた豚のあばら肉を乗せた「 ソーキそば」が誕生し、沖縄そばの定番メニューとなりました。
以降、ゆし豆腐や野菜炒め、ヨモギ、アオサ、豚足などを乗せたりと具のバリエーションが増えていったのです。
また、沖縄本島のみならず、宮古・八重山諸島、そのほかの離島へも広がり、それぞれの地域で発展・定着し、沖縄を代表する県民食として親しまれてい るのです。

ちょっとコラム【沖縄そばの日】

1978年10月17日沖縄そばを正式に認定

「そば」と言えば、沖縄そばを連想するほど“沖縄そば” という名称も定着してきました。
しかし本土復帰後の1976年、公正取引委員会から「沖縄そば」という名称使用に対してクレームがありました。
それは、全国生麺類公正取引規約に『そば』の名称の定義とは、「蕎麦粉を30% 以上使用していること」とあり、蕎麦粉を一切使わず小麦粉だけでつくる「沖縄そば」は、「そば」とは呼べないというものでした。
沖縄生麺協同組合は、昔から県民に愛され親しまれてきた歴史ある「沖縄そば」の名称を存続しようと東京本庁へと出向き、何ヶ月にもわたる交渉を重ねました。その結果、1978年10月17 日、公正取引委員会から正式に「本場沖縄そば」の名称使用が認可されました。
これを記念し、1997年、沖縄生麺協同組合は10月17 日を「沖縄そばの日」としました。毎年そばの日には、製麺メーカーが生麺を無料配布するなどのイベントが各地で行われています。