いしぐふー琉球そば

いしぐふー×沖縄ファミリーマート×日清食品 夢のコラボ第2弾!!沖縄そばランキング第1位 いしぐふー琉球そば

夢のコラボ第2弾!!沖縄そばランキング第1位 いしぐふー琉球そば

昨年、18万食(15,000ケース)を記録的早さで完売したあの商品が新たに期間限定発売!!

数量限定 198円
好評発売中!!
限定販売への3つのこだわり! 新しい『琉球そば』 いしぐふー監修 ファミリーマート限定販売
琉球そばとは…

琉球そばとは…

琉球そばが店頭から消えた!!

琉球放送が放送した「第1回あなたが選ぶ沖縄そば王決定戦」で初代沖縄そば王に選ばれ・2012年度沖縄そばランキング第一位と名実ともに圧倒的な人気を誇る「いしぐふー」監修のもと琉球そばは開発された。度重なる試作と試食を繰り返し、理想の麺に近づけるようカップ麺でできるギリギリまでコシの強さにこだわり、スープはカツオと豚を使い沖縄を感じさせる。いしぐふーの大将・池原氏が納得いくまでこだわり貫いた沖縄を代表する新しいジャンルのカップ麺。

沖縄そばと琉球そばの違い

沖縄そばと琉球そばの違い

カップ麺だからこそできる味わい

カップ麺やインスタントラーメンが、本家のラーメンと全く違う食べ物であるように、カップ麺の沖縄そばも本物の沖縄そばとはやはり違う味わいになっている。カップ麺だからといって手抜きをして、一般的なインスタント麺の味にはしたくないと思い、理想の麺に近づけるようカップ麺でできるギリギリまでコシの強さにこだわった。また、スープの美味しさも沖縄そばに近づけているため、沖縄そばを感じさせる味わいになっている。

琉球そば完売御礼!

琉球そば完売御礼!

沖縄県内だけでなく全国で大好評!

琉球そばは、沖縄ファミリーマート25周年記念商品第1弾として、昨年4月末に全国ファミリーマートで数量限定発売された。発売開始と同時に沖縄県内では売り切れ店舗が続出。わずか3週間で予定数量を完売と驚異的な人気をみせ、店頭から姿を消した。沖縄ファミリーマートタイアップ商品史上最高の売り上げとなった。全国でも好評のうちに限定数量完売となり、今回の再販売へと至った。

沖縄そばランキングとは?

沖縄そばランキング2012年度第1位!

「味だけではない」いしぐふーの人気

沖縄そばランキングとは、沖縄で一番「愛されているお店」を決めるランキング。味だけではなく店員の対応・お店の雰囲気などが評価基準となる。いしぐふーには美味しさだけでなく、お客様への対応の良さを評価するコメントが多数寄せられ、2012年度沖縄そばランキングの1位をみごと獲得した。

いしぐふー監修カップ麺が出来るまで

-いしぐふーを始めたきっかけ-

本土では全国どこへ行っても蕎麦屋やうどん屋、ラーメン屋、パスタ専門店などあるけれど、残念ながら沖縄そばの専門店はない。それは、沖縄そばがメジャーではないことも大きな理由だが、沖縄そばの独特な麺の味わいがなかなか本土の人に受け入れられなかったことも大きい。また、最近の沖縄の若い人たちは沖縄そばよりもラーメンが好きという人が増えているという。店主の池原さんはそこで沖縄そばに対する危機感を持ち、「本土の人や地元の若い人の好みにあった麺を開発することで、麺料理の一つとして沖縄そばを全国に広めることができないか」と思ったのが「いしぐふー」を始めたきっけだという。
今から15年ほど前、沖縄そばとは全く関係ない仕事をしていた池原さんは、全国に広められる沖縄そばを夢見てそば作りに没頭。「仕事を終えたら家で毎日ダシを作り、それに合う麺を作り、家族には毎日夕食で沖縄そばを食べさせていた(笑)」というくらい作っていた。「ホントは人気のそば屋さんや老舗のそば屋さんで修行をしようと思ったのだけど、修行して店の味を盗むのかといわれ、なかなか教えてもらえなかった」という。それで独自に試行錯誤を繰り返して5年近くかけてそばの味を完成させたという。「今考えると教わらなかったことで余計な先入観にとらわれず、自由な発想で沖縄そば作りができたから、それがかえって良かったのかなぁ」という。
池原さんは沖縄そば作りをはじめる前にいろいろ文献を調べてみると、「今のような沖縄そばのルーツが食べられるようになった明治中期頃、120年ぐらいの歴史しかないんです」といい、さらに「当時の沖縄そばはダシは豚骨でとり、具は薄い玉子焼きをのせたのが人気だったと書かれていたので、意外とシンプルな味わいだったと思います」と池原さん。 「いしぐふーのそば」はそばの文献にて明治後半に有名そば店から独立した『うちなーんちゅ最初のそば屋さん』が出していたといわれる、たまご焼きを上に乗せた沖縄そばに基づいた味を提供している。

-ラーメンの真撃さ、沖縄そばの案穏-

「ずいぶん前に新聞の記事で読んだの ですが、沖縄の人に沖縄そばとラーメンの食べる割合を聞いたアンケートがあり、30代以上の人は圧倒的に沖縄そばの割合が高かったのですが、10代20代はラーメンの方が高かったのを覚えています」と池原さん。その記事を読んだとき沖縄そばの店主たちは自分でそばを打てる人はほとんどおらず、麺についてのこだわりもなく、麺の粉のレシピを意識している人も少なかったという。一概には言えないけれど、沖縄そばの店の場合、スープ作りには工夫しているが、麺はそれに合わせて選ぶ人や購入しやすい麺を利用しているそば屋さんも多いのではともいい、「なんとなく沖縄そばを作っている感じがするんです。それに比べて最近の若い人が始めたラーメン屋は、本土で修行をしきて、麺の粉までこだわりぬいて、ラーメン作りに命をかけるくらい真剣に取り組んでいるように思えるのです」という。その勢いや職人気質が美味しいラーメンを生み出し、それに共鳴した沖縄の若い人たちがラーメンに走り、沖縄そば離れになっているんじゃないかと分析する。「沖縄そばを作る人たちも、もっと真剣に沖縄そばに取り組んでいるところを見せなければ」と思いながら池原さんは今日もそば作りに励んでいる。

-商品へのこだわり-

沖縄ファミリーマートが「沖縄ならではの商品を全国へ・・」の思いで、日清食品とカップ麺の商品開発を進めるにあたり、県内数あるそば屋さんの中から選ばれたのが「いしぐふー」であった。池原さんは何よりも麺の食感にこだわり最後の最後まで、日清食品本社の担当者の林さんに毎日連絡した。「林さんは僕と麺の開発者との間に挾まり大変だったと思う」といいながらも、妥協したくなかった池原さんは林さんをとことん追い詰めた。

-琉球そば監修にあたって-

「沖縄そばの味を追求し粉までこだわった麺作りをしているからこそ、沖縄ファミリーマートさんは私どもの店に声がかかったのだと思うのです」と池原さん。昔に比べると格段に美味しくなっている沖縄そばの魅力をもっと本土の人に知ってもらうには、「いしぐふー」だけの力ではとても無理だと思っていた。そこへもってファミリーマートさんから沖縄そばのカップ麺の監修をお願いされた。その時、池原さんは「沖縄そばを彷彿させる納得のいく美味しいものを作らなければ」と思ったという。引き受けたからには美味しいものでなければ、沖縄そばにマイナスのイメージがついてしまう、との思いで全力で開発に取り組んだ。カップの沖縄そばは、沖縄そばと似て非なるものだから、ファミリーマートでは沖縄そばと呼ばず『琉球そば』と名づけ、開発に時間をかけ商品化した。 そして、カップ麺琉球そばを食べた本土の人が『本物の沖縄そば』を沖縄へ食べに来てくれるようにと願いを込めた『琉球そば』が完成した。

琉球そばの美味しい作り方

琉球そばの美味しい作り方!

  1. 鍋やヤカンで水を沸騰させる!
  2. カップ内側の喫水線に合わせてお湯を入れる!
  3. きっちりと5分待てば完成!
沖縄そば×琉球そば 食べ比べレポート