県産品紹介サイト おきなわさん

県産品詳細

琉球ガラス

琉球ガラスとは、沖縄を中心に生産されている吹きガラスのガラス工芸品です。戦後の資源難の時、アメリカ軍基地で捨てられた空き瓶を溶かしガラス工芸に再生したことから始まったといわれます。もともと製造所の名前を取って『○○ガラス』と呼ばれていましたが、「琉球ガラス工芸協業組合」ができてから、 統一した名称として『琉球ガラス』と呼ばれるようになりました。

琉球ガラス

琉球ガラスの歴史

明治中期

沖縄のガラス製品は、明治以前までは本土からの輸入に頼っているだけでした。 しかし、船での運搬はあまりにもガラスの破損率が高かった為、本土よりガラス職人を呼び寄せました。その際に、沖縄に工場を作ったのがはじまりだと言われています。 この頃は、透明な薬瓶や駄菓子瓶、蠅取り瓶などが製品の主流でした。 第2次世界大戦で工場が壊滅的被害にあうまでは、製造されていたそうです。

本土復帰前

戦後間も無く復興したガラス工場では、捨てられた瓶を再利用し、様々なガラス製品が作られていました。 廃ビンから生まれる芸術的なガラス製品は、アメリカ軍関係者から人気を集め、アメリカ本国に輸出するまでに発展しました。 この頃の原料は、主にアメリカ軍基地から排出されるコーラなどの空ビンで、そのビンの色を利用したガラス製品が多く作られました。

復帰後〜現在

1972年の本土復帰以降観光客も年々増加し、沖縄名産土産として琉球ガラスの需要も伸びてきました。 原料も廃ビンから原料ガラスに代わり、原料ガラスを使用した工場も増えていきました。 1983年に、県内のガラス工場8社のうち6社が集まり「琉球ガラス工芸協同組合」を設立しました。 1985年には「琉球ガラス工芸協業組合」に組織を変更し、組合直営の「琉球ガラス村」がオープンしました。 1990年代に入って個人ガラス工房が増えはじめ、オリジナルの作品づくりが注目を集めています。今では18箇所にまでその数を増やしています。

琉球ガラスの製造工程

琉球ガラスがどのように作られているかをご紹介します。今回は、昔ながらの製法に基づき、廃ビンから作って頂きました。

  1. 1. ビンを割り、溶かす

    動画再生動画再生

    琉球ガラスの原料となるビンを割り、溶かします。

  2. 2. 元玉を作る

    動画再生動画再生

    窯から取り出し、輪でまわし元玉を作ります。

  3. 3. 型吹き

    動画再生動画再生

    空気を吹き入れ基本の形にしていきます。

  4. 4. 口元成形

    動画再生動画再生

    口元を滑らかに整えるため、ぬらしたコテを当てます。

  5. 5. 徐冷

    動画再生動画再生

    急激の温度差が生じると割れる原因になるため徐冷窯にいれ、 徐々に冷やし完成です。

動画を再生できません。ブラウザのバージョンをアップグレードしてください。
IE 8 で動画が読み込まれない場合はリロードしてください。IEの方は「Google chrome frame」もお試しください。

取材日:2009年5月

↑ページトップへ戻る