県産品紹介サイト おきなわさん

県産品詳細

紅型

紅型(びんがた)とは、沖縄を代表する伝統的な染色技法の一つです。紅型の「紅」は色全般を指しており、「型」は様々な模様を指していると言われています。もともとは、主産地であった首里の職人の間で使われていた「びんがた」という言葉に「紅型」という漢字が当てられたそうです。

紅型

紅型の歴史

紅型は、14世紀頃から始まった大交易時代に、中国やインド、ジャワから伝わった染色技法と、日本の友禅、さらに沖縄独特の気候風土が融合して生まれた琉球独自の染色技術です。琉球王朝時代には、王族や士族の衣装として染められており、原則として王族や士族しか着用することができませんでした。着用する人の身分によって図柄や色なども区別されていました。先の大戦で、紅型は大きな被害を受けましたが、昭和59年「琉球びんがた」は、通産大臣から伝統工芸品として指定を受け、その技術は現在も受け継がれています。

紅型の工房-首里琉染-

琉球王朝時代から多くの紅型工房が居を構える工芸のまち那覇市首里にある紅型工房「首里琉染」。オリジナルの紅型着物の制作や草木染め、サンゴ染めを行っている染物工房です。そんな、「首里琉染」の工房をご紹介します。

紅型の工房-首里琉染-

模様の秘密

紅型には、松竹梅や鳳凰、流水桜閣模様などの様々な模様があります。そんな、紅型の模様の秘密を紅型工房の首里琉染の方にご紹介して頂きました。

紅型の制作工程

紅型の技法の一つ、模様を彫った型紙を用いて防染をう「型染め」の制作工程を首里琉染さんにご紹介して頂きました。

  1. 1. 糊置き

    和紙に図案を彫って作った型紙を生地に置き、防染糊をへらで塗っていきます。

  2. 2. 色差し

    配色をし、二度刷り、隈取りの工程で染色していきます。隈取りは、紅型独特の技法で模様に立体感遠近感を出します。

  3. 3. 蒸し・水元

    色を定着させるために、蒸し器にいれて蒸していきます。蒸した後、ふやけた糊が簡単に落ちるまでたっぷりのお湯に浸け、糊を落としていきます。糊を落としたら完成です。

取材日:2007年9月

↑ページトップへ戻る